MENU

トップチームトピックス

「素晴らしい勝利ではあったが、チームとしてまだまだ足りない」ミシャ監督

Jリーグ第19節 vsサンフレッチェ広島 試合後のコメント

「非常に良いゲームでした。今日は負けましたが、広島は素晴らしいチーム、強いチームであると思います。私にとっては今、最もリーグで強いチームであると思っています。我々は前節磐田戦では勝利はできたものの、決して良い戦いはできたゲームではありませんでした。
幸運もあって勝利できたような一戦でしたが、我々は中2日の中でしっかりと選手と話をして、選手たちは良い準備をして試合に臨んでくれました。素晴らしい勝利ではありましたが、チームとしてまだまだ足りないところ、修正しなければいけないところがあると思います。そういったところを練習の中でしっかりと修正しないといけません。
我々は広島に対してほぼマンマークのような形でゲームを進めました。 広島の攻撃的な選手、佐藤寿人、石原、高萩、ミキッチ、山岸などは1対1で対抗するのは非常に危険な選手です。そういった意味では我々は非常にリスクを負っていたと思います。
ゲームの中で、選手たちが何が何でも勝ってやるという強い想いがプレーの中で見えたと思いますし、プレーの面でも積極的な面が表れ、それが勝利につながったと思います」

【質疑応答】
(3点取ったが、今日は守備が非常に良かった。引くのではなくボールに向かう姿勢があった。それは広島を相手に強調された部分か?)
「それほど強調したわけではありませんが、ただ、我々は今日はどうしても広島に勝利をしたいと思っていました。リーグを見れば、我々が今日広島に負けたら広島が一つ抜けだす形になり、我々が一番上に行くのが難しくなります。我々は広島に今日のように勝利できると思いますが、他のチームが広島に勝つのは難しいと思っています。
非常にリスクを負った戦いを我々はしましたが、選手たちは自分たちの力をしっかりと信じ、役割を果たしたからこそ掴み取れた勝利だと思います」
(去年の広島戦後の会見で、広島の方が完成度が高いと言っていた。現在の時点ではどうか?)
「私は昨年戦ってそういう風にコメントしたときと今も同じ意見です。ただ、我々が広島だけとリーグを戦うのであれば、今日のようなゲームができると思います。ただ、他のチームと戦ったときに完成度の違いが出ると思います。
広島というチームは、今日の試合展開を見てもらえれば分かると思いますが、広島は戦い方がまとまっており、我慢ができるチームです。0-1、0-2とリードされても自分たちのゲームの進め方を伺い、我慢をしながらその中でチャンスを伺う。そういった戦い方ができるのが広島だと思います。
我々のチームを見てみると、まだそこまで我慢はできません。川崎戦、F・マリノス戦などを見れば。F・マリノス戦では良い試合をしましたが、そういった部分で戦い方、ゲームの進め方、我慢をするところというのは、まだまだ成熟していかないといけないところだと思います。
(啓太の復帰について、彼がいなかった3試合は不安定な戦い方をしていた。復帰していい影響が出たと思うが、プラスになった面は?)
「啓太は今日非常に良いプレーをしてくれました。それは他の選手が良いプレーをしたのと同じように、彼も今日素晴らしいプレーをしたということです。
やはり『啓太がいるからこそ』『啓太が帰ってきたから』と言われてしまう、思われてしまうこと自体が我々がチームとしてまだまだ足りないということの表れであると思います。浦和というチームは、啓太がいなくても、興梠がいなくても、陽介がいなくても、誰がいなくても安定した戦い、自分たちのゲームをしなければいけない。ただ、それができていないと思われるということは、我々に足りない部分があるということです」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

「素晴らしい勝利ではあったが、チームとしてまだまだ足りない」ミシャ監督

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • 三菱パワー
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ