MENU

トップチームトピックス

「立ち上がりは特に激しい試合になる」ミシャ監督

Jリーグ第18節 vsアルビレックス新潟 前日のコメント

「新潟は監督さんが代わってから、非常にアグレッシブな戦いをしてきています。守備は以前よりもだいぶ良くなってきている印象を受けています。相手の狙いは、良い守備をして奪ってからのカウンターです。アウェイで非常に難しいゲームになると思っています。我々は前半戦を終えて上位にいるということで、我々との対戦はどのチームもかなりのモチベーションで臨んでくる、そういった後半戦になると思っています。
相手のモチベーションもあり、新潟戦は前半、立ち上がりは特に激しい試合になると思っています。相手の勢いがあるその前半を、受けることなく、いかに相手の勢いを押し返していくか。勢いに負けないでしっかり押し返すことができれば、我々にとって良いゲームになると思います。
それ以外の部分では、とにかくこれまでやってきた自分たちのサッカーを続けるだけです。加えて、改善するところは改善していければ、もちろんそれに越したことはないと思います。
非常に、非常に厳しいゲームになると思いますが、良いトレーニングを積んできているので、必ず良い試合ができると思っています。
シーズンが始まる前に、私は順位ということよりも、1試合1試合を戦っていくことを強調しました。今、半分を終えて、上位を戦っていくことに注目が集まりがちですが、我々としては最初に言ったとおり、言葉で何かを発信するのではなくて、残りの後半戦もしっかりやっていくということをピッチの上で示していきたいです。1試合1試合戦った上で、最後に我々がどこにいるのかを見てみましょう。とにかく1試合1試合です」

【質疑応答】
(アルビレックス新潟の守備ブロックをどう崩すのか?)
「そういう相手にはボールを渡してしまって、相手に攻めさせるのが一番良いでしょう(笑)。我々が仕掛けるのではなく、相手が仕掛けるように仕向けることがいいと思います。浦和がそういう戦い方をしたら、『本当かよ?』と思う人もいるかもしれませんが、しっかりと守備をしてくるチームに対してはボールをあげて、相手が仕掛けるように仕向けるのがいちばん良いのです。新潟は非常に良いチームですし、個々の選手もしっかりとしています。そういった相手に対して、相手の狙いである守備のところに行ってカウンターを喰らうようなことがあってはなりません。奪われたら危険な場所でミスを最小限に抑えるか、そして、落ち着いて空いているところにボールを速く動かしていけるか、そういった我慢と落ち着きが大事になってくると思います。
あとは、サイドの攻防。サイドで1対1の場面を作ったときに、いかに優位な攻撃をできるか、相手を上回れるか。あってはいけないのは、無理に真ん中を通そうとして、ボールを奪われて速攻を喰らうということです。
そういう意味でも、サイドは重要になってくる。そのサイドをうまく使えれば、相手はサイドをケアしてくるから真ん中が空いてくる。フレキシブルに中と外を、相手の状況を判断して攻撃を仕掛けていければと思います」
(スピラノビッチが完全移籍したが、シーズンの残りは現有戦力のまま戦うのか?)
「選手の移籍に関して、バタバタと慌てて対応するようなことはしません。18年間、監督をしてきましたが、ほとんどのチームで、ゼロからスタートするという意味で、始まりは同じでした。私はそういったことに対して、しっかりと積み上げていきたいと思っていました。無駄なコストのかからない、将来性のあるチーム作りというのを視野に入れて、やってきました。シュトゥルム・グラーツでもサンフレッチェ広島でもしっかりとした土台作りから始めてきましたが、将来性のあるチームとしての要素が今も残っていると思っています。
私のスタンスは常にクラブが、チームが良くなっていくためにどうしたらいいか考えていく、というものです。短期的な視野ではできない、短期・中期・長期といった視野を入れながら、将来的に輝けるチームを作るために仕事をしています。もしかしたら、今の瞬間の監督の考え方としては間違っているかもしれませんが、その考え方はクラブ、チームにとっては間違いなく良いものであると思います。しっかりとした土台はチーム作りには重要で、それは例えば『2人移籍したから、すぐに2人取ってきてくれ』というようなことではないのです。大切なのは、現存の選手たちでベースをしっかり作っていくこと。それが、将来何を積み上げていくかという部分で重要になってきます。
もちろん、浦和というクラブで土台作りをしながら結果を残していくという、両方をするのは難しいですが、我々はそれをするべく最大限の努力をしていきたいと思っています」
【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

「立ち上がりは特に激しい試合になる」ミシャ監督

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ