MENU

トップチームトピックス

「最後まで諦めずに攻撃を仕掛けたことが得点につながった」ミシャ監督

Jリーグ第7節 vs名古屋グランパス 試合後のコメント

「簡単なゲームではありませんでしたし、非常にストレスの大きい試合でした。もちろん両チームにとって内容のある、いいゲームであったと思います。特に前半は我々は非常に多くのチャンスを作ったと思いますが、そういう中でそのチャンスを生かして得点することができませんでした。そういうことをしていると、失点をして、さらにリードを広げられてしまうということが、サッカーではよく起こります。前半の立ち上がりアンラッキーな形でリードを許して、しかしその後はしっかりと落ち着いて自分たちの攻撃は仕掛けられたと思います。非常に真ん中、サイドとバリエーション多く仕掛けられていたのですが、ただ得点が取れませんでした。なぜ得点を取るのにあんなに多くのチャンスが必要なのか、私自身答えがなかなか見出せないですが、とにかくそのような形で前半は終わりました。やはりチャンスを多く作られても失点しないという状況が続いていくと、相手チームは落ち着きます。その中でも我々は得点して、最終的に我々は勝ったわけですけども。最後まで諦めずに攻撃を仕掛けたことが得点につながったと思いますし、勝利に値するゲームではあったと思います」

【質疑応答】
(特にバイタルエリアを上手く使い前半から圧倒し続けましたが、得点につながらなかった原因をどのように考えているか)
「真ん中だけでなくサイドからの攻撃も多かったですし、クロスは何十本と上げていたと思います。何が足りなかったのか、例えばゴール前で興梠が1対1になった状況もありましたし、シュートが相手にクリアされたりしました。いろいろなシーンがありましたが、何が足りなかったかは試合をご覧になった方々が見た通りですし、考えてもらえればいいと思います」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

「最後まで諦めずに攻撃を仕掛けたことが得点につながった」ミシャ監督

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ