MENU

トップチームトピックス

「攻撃も守備もアグレッシブに戦ってくれた」ミシャ監督

Jリーグ第29節 vs鹿島アントラーズ 試合後のコメント

「やはりまず最初にコメントしたいことは、浦和、そして鹿島とすばらしいクラブが終盤で上位を争うこと、それが日本サッカーにとっていかに重要なことかということです。そして今日のスタジアムの雰囲気を見てもわかるように多くのファン・サポーターが入り、すばらしい雰囲気を作ってくれました。こういった中で試合をできるというのは選手にとっても幸せなことだと思います。
今日のゲームは、3位、4位というチーム同士の対戦、残りの試合数を考えればリーグ優勝への生き残りも懸けた戦いで、非常に両チームにとって難しい試合だったと思います。
両チームとも選手たちは非常にすばらしいプレーをしてくれたと思います。ただ我々浦和がより勝利に値するプレーをできた試合でもあったと思います。攻撃面でも守備面でもアグレッシブに戦っていました。そして2-0までは我々が相手を上回れていた試合だったと思います。しかし、そのあと、2-0で勝利したいのか、3点目、4点目を取りに行くのか、若干あいまいになってしまいました。そして1失点して、最後はきわどい形になってしまったと思います。しかし、全体を見れば、我々のアグレッシブな姿勢が勝利に値する内容につながったゲームだと考えています」

【質疑応答】
(ビルドアップが非常にうまくいっていました。その点は、どのような評価をしていますか?)
「よかったと思っています。大宮とのダービー、ナビスコカップ準決勝第2戦での川崎F、今日のゲーム、攻撃の組み立てで非常に安定感を見せられています。3枚での回し、ときには4枚での回しをうまく使い分けられていますし、そして後ろからもボールを持ち出す事ができています。私が就任して2年近くたちますが、一番の問題は、安定感という意味での継続性だったと思います。よいゲームができる試合もあれば、そうではない試合もある。時間帯でも同じで、よい時間帯もあれば、悪い時間帯もある、しかしここ3試合を見れば、安定してきました。これを残りの試合で継続できるかはわかりませんが、ここ3試合を見れば、その部分が成熟してきていると言えると思います」

(大迫、ダヴィに対する守備への評価を教えてください)
「槙野、那須、森脇、阿部と、非常にうまくマークの受け渡しをやっていましたし、人に強くいくところスペースを消すところ、うまくできていたと思います。相手が何を狙っているのかという点を予測して、相手よりも早く予測してプレーすることが大切ですが、それが非常によかったと思います」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

「攻撃も守備もアグレッシブに戦ってくれた」ミシャ監督

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • 三菱パワー
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ