MENU

トップチームトピックス

「引き続き攻撃的なサッカーを展開していく」ミシャ監督

Jリーグ第20節 vs名古屋グランパス 試合後のコメント

「今日は非常に気候が厳しい中、両チームの選手たちが非常によいゲームをしてくれたのではないかと思います。前半は非常に我々のサッカーができていたと思いますし、その中の決定機をものにしなければいけなかったと考えています。
後半は我々のミスから失点をして、2失点目も立て続けに取られてしまいました。2-0とリードされた中、我々は攻撃的な選手を入れて、リスクを冒して攻めていきました。もしかしたら、関口のチャンスが決まっていれば、2-1でゲームの展開をわからないものにしていたかもしれません。あのチャンスも非常に崩した形で、よい攻撃だったと思っています。
負けはしましたけれど、浦和は攻撃的でよいサッカーができたと思っています。我々と対戦する相手チームは非常に守備的な戦術を採ってくることが多いですが、引き続き攻撃的なサッカーを展開していきたいと考えています。今日もチャンスは多く作れましたし、この試合で足りなかったのは、チャンスを決めることだったと思います。
前半の興梠のチャンスは非常にきれいな崩しでした。ああいったチャンスが入らないのは私自身も残念に思いました。敗れはしましたが、見に来てくれた名古屋のサポーターも楽しんでくれたのではないでしょうか。
磐田戦、我々は勝利しましたが、私は選手たちをしかりました。今日は負けましたけど、決して選手たちをしかるようなゲームではなかったと思います。足りなかったのはゴールで、我々が先に点を取っていれば結果は変わっていたと思います。大切なのは、方向性を見失わずに戦っていくことだと思います」

【質疑応答】
(チャンスは作れたと思うが、後半、特にチャンスの手前まではいきましたが、シュートまでいくことが前半に比べて減った印象がありました。そのあたりをどのように考えていますか?)
「もちろんおっしゃられたとおり、ペナルティーエリア付近までは持って行けていましたが、シュートまでは難しい状況がありました。やはりこういった高い気温、厳しい気候となると、後半集中力などを維持することが難しかったのだと思います。そしてもう一つは、ピッチコンディションがあったと思います。時間がたつにつれ、やはりはげてしまう部分が多くなってワンタッチのパスや仕掛けていくという部分がやりにくかったのだと思います」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

「引き続き攻撃的なサッカーを展開していく」ミシャ監督

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • 三菱パワー
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ