MENU

トップチームトピックス

「厳しい中で、選手たちは自分たちのサッカーをやってくれた」ミシャ監督

Jリーグ第26節 vsセレッソ大阪 試合後のコメント

「昨日の会見でも言いましたが、セレッソというチームは個人の能力が高い選手を揃えた素晴らしいチームであり、今いる順位というのは誰もが予測していなかったと思います。そんなセレッソだからこそ、今日のゲームは非常に難しいものになると思っていました。

我々のサッカーは非常に運動量を要します。1週間で3試合目ということで、運動量の面で、我々には難しい部分があったと思います。例えばテンポを速くする部分でのキレであったり飛び出しのスピード、そういった部分については疲労の影響で、いつものようなプレーが見られなかったのは確かです。
 
ただ、そういう厳しい状況の中でも、選手たちはしっかりと気持ちを前に出して、よく戦い、多くのチャンスを作り出してくれたと思います。しかし、やはりあれだけチャンスを作りながらも得点ができない展開が続いてしまうと、ああいった形での失点が生まれてしまう、それもサッカーです。相手のロングシュートが入った形になってしまいましたが、その前にチャンスをしっかりと決めていくという部分が大事なのかなと思います。とは言え、厳しい中で選手たちは自分たちのサッカーをしっかりやってくれたと思います。
 
特に0-1でリードされてからは、我々はより攻撃的に戦い、4回か5回の決定機があったと思います。それが決めきれずに今日は敗戦しましたが、今日の内容を見れば、決して敗戦に値する内容ではなかったと思いますし、そういう内容の中でも結果が出ないというのもサッカーです。我々は今日の敗戦を悲観することなく、とにかく続けていくことが大切だと思います」

【質疑応答】
(今日はサイドへの大きな展開からの仕掛けが多かったと思うが?)
「相手の守備の仕方というものは充分に分かっていましたし、私の見た限りでは普通の4-4-2のプレッシングだと思っていました。ボールサイドに人数を掛けてボールを奪う守備をしてきますので、やはり逆サイドが非常に大きく空きます。そういった相手の守備の傾向がありますので、片方に寄せて逆サイドに展開するというのは意図的に狙っていたことです。そして、サイドチェンジの展開からの大きなチャンスもいくつかあったと思います。例えば前半に宇賀神選手が1人で抜け出したシーン、あれはボールがしっかりと止まっていれば、おそらく決定機になったでしょう。そういったチャンスというものはいくつも作れていましたし、狙い通りの展開だったと思います。

プレッシングと言っても、ただ単に連動してお互いの距離感良くボールサイドに寄せていけばいいかというと、私はそうではないと思います。相手の立ち位置であったり、状況に応じて味方との距離感、相手との距離感をしっかりととっていかないと、大きく展開されたときに大きな穴が開いているということはよくあることだと思います」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

「厳しい中で、選手たちは自分たちのサッカーをやってくれた」ミシャ監督

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ