MENU

トップチームトピックス

「勝利に価するプレーができた」ミシャ監督

Jリーグ第8節 vs名古屋グランパス後のコメント

「子供は我々の将来です。我々の未来を担う子供たちが今日みたいな試合を見てくれたことはうれしいです。
新しくコメントすることはもう、ないです。浦和レッズにとっては、素晴らしいゲームだったのではないかと思います。非常に良いチャンスが作れている中で、先制しましたが、高いボールが入って折り返されたところからの失点をして、非常にもったいない失点だったと思います。前半は追いつかれはしましたがゲームをコントロールして多くのチャンスを作れた、良い前半だったと思います。
後半に入っても同じように我々はゲームをしっかりとコントロールして良い攻撃の形を作っていたと思います。2点目を取ってから、名古屋は闘莉王を前に上げて、ロングボールで攻撃を仕掛けてくるという展開で、相手はより、我々のゴールに圧力をかけてくる中、厳しい状況に置かれました。
なぜなら、名古屋の方は2メートル近い背の高い選手がそろっていますので、相手がロングボールを入れてくる中で非常に対応が難しかったですが、選手たちはよく体を当てて、頑張ってくれたと思います。全体を通して試合を振り返れば、我々が勝利に価するプレーができた試合だったと思っています。アウェイの名古屋で勝利するのは非常に難しいことです。名古屋は素晴らしいチームですし、率いている監督も素晴らしい監督ですから。アウェイの名古屋で勝つことは非常に難しいことですが、今日、幸運なことに我々が勝利できたことを、うれしく思います」

【質疑応答】
(1点目のシーンは相手のFKから早いカウンターを仕掛けたように思われたんですが、あれはそういった狙いがあったんですか?)
「その双眼鏡(質問された方が持っていた)で良く見えたのではないですか(笑)。名古屋は広島戦、3-4-3で良い戦いができていたので、今日、3-4-3でくるということはだいたい、予想していたことです。今日のゲーム、相手は真ん中でコンビネーションをしてくると思っていたので、我々はしっかりとブロックをつくって危険なところで、コンビネーションをさせない、相手の選手に裏のスペースを与えないようにしっかりと守備をしようと思っていました。そこはうまくいっていたと思います。
練習の時に我々は相手を想定して3-4-3でやっていましたが、良い守備をするだけではなく、奪ってから早く縦に当てて、攻撃を仕掛けることを練習でも強調してやっていました。浦和に毎日来ている方はそれを練習でもご覧になったと思いますが、そういった狙いをもって我々はゲームに臨みました。いくつか、そういったシーンが見られたのではないかと思います」
【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

「勝利に価するプレーができた」ミシャ監督

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ