MENU

トップチームトピックス

「内容を見れば、引き分けは妥当な結果だった」ミシャ監督

ヤマザキナビスコカップ準々決勝第1戦 vsサンフレッチェ広島 試合後のコメント

「広島に来たのは今年2回目ですが、2回とも悲しい気持ちで来なければいけないという遠征になりました。土砂災害でお亡くなりになられた皆様にお悔やみを申し上げることと、被害に遭われた方に心よりお見舞いを申し上げたいと思います。

試合についてですが、前半は明らかに広島が我々を上回っていたと思います。我々浦和のほうは、運動量や球際で相手に上回られる状況で、1点2 点、先にリードされていてもおかしくない展開でした。

後半、浦和は運動量を上げて相手のゴールに迫るシーンがたくさん作れ、チャンスもあったと思います。得点できずに引き分けで終わりましたが、この引き分けという結果は前半、そして後半の内容を見れば妥当であったと思います。

今日の試合は2試合を考えれば前半ということで、後半はより両チームにとって厳しいゲームになるでしょう」

【質疑応答】
(後半に鈴木啓太・李 忠成が入ってリズムが良くなった、特に右サイドの攻撃が活性化したように見えたが、彼らの投入の意図は?)
「前半を終えた状況の中で、私はハーフタイムに『もし代えることが可能であれば、10人全員交代させなければいけないくらいの出来だった』と選手たちに話しました。もちろん選手たちは連戦を戦うということで、非常にコンディション的に厳しいことも分かりますが、いかんせん前半はあまりにも走れていなかったと思っていましたし、それは選手に伝えました。

もともと試合前から、啓太や(李)忠成に関しては交代で入れることを予定はしていました。その予定の中で交代させ、彼らがチームを活性化させる働きをしてくれたことは間違いありません」

(阿部を下げるのも考えていた?)
「もともと阿部を代える予定ではいました。というのも、青木がここ最近先発で出ていないという状況で、青木にスタメンのチャンスを与えたかったというのが1つ。もう1つは連戦を考慮して、阿部を交代させて啓太を入れるという考えを持っていました。試合の状況の中で代えましたが、予定通りの交代でした。

一発勝負のカップ戦であれば、その辺の起用法も少し変わってきますが、ナビスコカップはホーム・アンド・アウェイで戦うということで、その辺の起用に関しても連戦を考慮した形で考えました」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

「内容を見れば、引き分けは妥当な結果だった」ミシャ監督

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ