MENU

トップチームトピックス

「全力で良いゲームを見せたい」ミシャ監督

ヤマザキナビスコカップ予選リーグ第7節 vsサンフレッチェ広島 試合前日 ミシャ監督コメント

「明日のゲームですが、残念ながら非常に気持ちが痛いです。なぜならば、我々は最終節を前に予選敗退が決まってしまったからです。本来であれば、非常に興味深いゲームではありますが、広島も含めて両チームとも予選敗退が決まってしまってこのゲームを迎えなければいけないということに対して、非常に申し訳ない気持ちとガッカリした気持ちがあります。
ただ、我々としては観に来てくれるサポーターのためにも、自分たちのベストを尽くして良い試合を見せなければいけないと思っていますし、広島に対して我々がどういうふうに戦うか、非常に興味深い試合でもあると思います。
我々としてはとにかく全力で、良いゲームを見せられるように戦いたいと思います。
ナビスコカップで予選敗退してしまったことは非常に残念なことなんですけど、我々はこのナビスコカップを通して普段リーグ戦には出られない若い選手を起用することができ、練習試合ではなく公式戦で出場の機会が得られて経験を積むことができたのは、予選敗退はしましたけど、我々にとってポジティブな収穫のあったナビスコカップだったと私は思っています」

【質疑応答】
(リーグ開幕戦でサンフレッチェ広島戦と対戦しチームの熟成度を見せつけられたと思うが、その頃からレッズが進歩した点は?)
「初戦の広島戦では、相手にボールを持たれている時間が長かったですが、決定的なシーンは与えていなかったと思うし、守備のところでは比較的広島の攻撃を抑えられた部分があると私は思っています。あの当時と今との違いは、奪ってから攻撃を仕掛けていくところ。奪ってから早く攻撃を仕掛けていくところは、当時の浦和と今の浦和とでは、違いがある。今は奪ってからの速さというものがあるし、選手は危険なフリーランニングができている。そこは初戦で広島と戦ったときとの違いであると思います。最初の頃よりも危険なところに走り出せるという部分で、我々は前進しています」
(得点力をさらに上げるためには?)
「私がFC東京戦とこの前の仙台戦を見る限り、ゴールがあと1cm大きければ、我々が得点できたシーンがあったと思います(笑)。今のはもちろん冗談ですが、ゴール前でもっと落ち着きが必要かなと思います。
仙台戦で最も決定的なシーンだったのは、梅崎のシーンだったと思います。陽介がシュートを打ったのが相手DFに当たって、ゴールエリア5メートルのところで胸トラップしたのが回転がかかっていたのか、外に流れていったシーン。あのシーンは間違いなく決定的なシーンでした。トップクラブのプレーヤーを見ていれば分かると思いますが、バルサやレアルの選手であれば、ああいったシーンで落ち着きがないことでチャンスをモノにできないシーンというものはほとんどありません。ゴール前での落ち着き、フィニッシュまでのボールの持ち出し、そういったところが足りないのかなと思います。やはりペナルティーエリアの外ぐらいから打ったシュートが相手DFに当たったシーンというのは仙台戦で多かったと思うのですが、打つ瞬間に相手がブロックに来たりスライディングしてきたりというシーンがありますが、そういったときに落ち着いて切り返したり、打つ瞬間に違う選手にパスを出したり、そういった落ち着きがもっと出れば、ゴールはもう少し生まれるかなと思います。チャ
ンスはできている。そこでもう1個落ち着いて、相手を見て、最後のところで冷静にシュートに持っていけるか、あるいは最後のところでもうひとつ工夫するのか、そういったところ、もっとゴール前で落ち着くことができたらゴールチャンスというのは確実に増えていくと思います。
我々は今現実的な戦いをしてると思います。今いるメンバーの中で、内容ももちろん良いものを求めるし、浦和という環境であれば、もちろん結果も求められる。そういったすべての要素を考えた上での現実的な戦い方を我々はしています。
例えば、結果を抜きに、美しいサッカーだけを求めるということはしません。しっかりと規律を守って守備をして、奪ってから早い攻撃を仕掛ける、奪われたら早く切り替えて守備をする。そういった一つ一つの切り替えやハードワークをすることが求められますし、今いる自分たちのメンバー、そして現実的な戦い方はベストだと思ってやっています。相手を押し込んでガンガン攻撃を仕掛けていくようなやり方は、まだ現実的ではないと私は考えます。
我々は常に相手がやりたいサッカーにハマるのではなくて、相手がやられたら嫌だなと思うサッカーを仕掛けなければいけない。我々はまだまだチームとしての成熟度という部分では、成熟してない部分が多いですが、現実的な戦い方をしてある程度結果を残しながら、チームとしてもより高いものを、内容的なものを求めていく。そして、やはり結果というものが付いてくれば、チームとしてもしっかりと自信をもって進められていく。そういった意味では、我々は今、非常に現実的な戦い方ができているはずです」
【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

「全力で良いゲームを見せたい」ミシャ監督

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ