MENU

トップチームトピックス

「全力で引き続き戦っていきたい」ミシャ監督

ヤマザキナビスコカップ 予選リーグ 第3節 vsセレッソ大阪後のコメント

「敗戦というのはどんなものであれ、痛いものです。私の見解では、点差が開いた形で敗戦はしましたが、決して点差ほどの差があったゲームではなかったと思います。点を取られた時間帯がいずれにしろ、悪かったとは思います。
前半、立ち上がりにロングシュートを決められ、前半の終わりには1-1に追いついたのですが、終了間際に2点目を取られてしまいました。
後半立ち上がりには3点目と、取られた時間帯に問題があったかと思います。試合を通して、我々は失点を重ねましたが、攻撃の部分ではサイド、あるいは中央をよく崩せたシーンもありました。残念ながら今日は、最後のシュートの精度や、ラストパスの精度、あるいはサイドからドリブルで相手を崩すシーン、そういった具体的に得点に直結する最後のところの精度は欠いてしまったと思います。1-3に点差が広げられた後も、我々の選手たちは最後まで、2点目を取るべく全力で戦ってくれた。その気持ち、あきらめないファイティングスピリットを見せられたことは非常にポジティブに見られるところです。
最後、点差が開いてしまった中で、選手たちはそれでも点を取りにいった。その姿勢が最後、若干前掛かりになってしまった部分、全体のバランスを崩してしまった部分はありましたが、最後まであきらめない戦いを見せてくれました。
今日の試合では、我々に足りなかった部分というのが見られたことも、今後、それを改善していく上で、ポジティブにとらえられるのではないかと思います。今日も若い選手にチャンスを与えて試合をしましたが、そういった選手たちは1試合、1試合、成長していると思いますし、ナビスコカップの残りの3試合、我々としても予選を突破するべく、全力で引き続き戦っていきたいと思います。
そして、今日、平日にもかかわらず見に来てくれたサポーターの皆さん、我々は1-4と大差で負けてしまいましたが、最後の最後まで選手たちを後押しして応援してくれたことは本当に素晴らしいと思いますし、そういったサポーターの皆さんに感謝したいと思います」

【質疑応答】
(リーグ戦とはメンバーを入れ替えて試合をしましたが、今日のメンバーとリーグ戦のメンバーで、完成度の違いというのはどう見ていますか?)
「何が違うか、そういったことというのは、あまり公の場でいうことではないと思います。ただ、若い選手たちもこれまでしっかりと練習で積み上げてきた中で、練習試合だけではなく、公式戦の場でそれを出す機会、チャンスをもらって、そこでチャレンジをしていかなくてはいけません。小島秀仁も今日のようなプレーを続けていけるようであれば、レギュラーの選手として出るような日が近いうちに来るのではないかと思います。もちろん、敗戦してしまえば、内容がどうであれ、すごく悔しいものではあります」
(小島や矢島、原口といった若い選手が以前よりもすごく走っていたイメージがあります。それはポジティブなことだったと思いますが?)
「今日、セレッソの方も質の高い選手が出ていました。私が選手に言ったことは、走ること、戦うこと、規律を守ること、そういったことはベースとなってできるはずだ、ということです。
そういうことは選手たちもしっかりやってくれました。若い選手が今日はたくさん出ていましたけど、元気、慎也、秀仁、水輝、宇賀神、峻希、若い選手たちが今日のゲームの中で、普段、トレーニングでやっていることをしっかりとやってくれたと思います。先ほども言いましたが、点差は開いてしまいましたが、決して内容的にそれほどの差があるゲームではなかったと思いますし、相手よりも我々がより危険に攻撃を仕掛けられていた部分があったのではないかと私は思います。もちろん負けて悔しい部分はありますが、私自身、内容に関してはある程度、満足できる部分があったのではないかと思っています。毎試合、誰もが勝ちたいと思っていますし、我々もそうして戦っています。ただ残念ながら、サッカーではすべての試合を勝つというのは不可能です。大きな問題は、今日、我々がナビスコカップを戦う上で、大宮がナビスコカップ予選の休みの日であるということです。そこが次のリーグ戦を戦う上でも、今日のゲームを戦う上でも大きな弊害であったことは確かです。
私としては、今日のゲーム、そして次のリーグ戦のゲーム、両試合とも勝利するべく考えて戦っているわけですが、普通に考えれば、大宮が今日の試合、フリーで、我々が連戦となれば、少しメンバーのほうを考えなければいけないというのは当然のことでしょう。
ただ、普段、レギュラーで出ている選手が今日はターンオーバーして休んだからといって、次の大宮戦、我々が勝利できるかといえば、それは分からない話ですが、監督としては今日のゲーム、そして大宮とのゲームと、連戦をチームとして乗り切るために、今日はこういう形で戦いました」
(原口選手がキャプテンマークを巻いていたが、その意図は?)
「元気は非常に才能のある選手です。浦和のアカデミーから育ってきた選手で、将来的にはクラブを代表する、そしてチームを引っ張っていって欲しい選手です。ケガ明けで、リーグ戦のほうではスタートからは出ていない状況でしたが、そういった中で彼がキャプテンマークをつけて、チームを引っ張るという責任を持って戦う。彼自身のモチベーションを上げるためにも、という意図を込めてキャプテンをやってもらいました」
【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

「全力で引き続き戦っていきたい」ミシャ監督

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ