MENU

トップチームトピックス

「上位戦線に残れるような結果を出す」ミシャ監督

Jリーグ第16節 vsセレッソ大阪 前日のコメント

「私の見方では、セレッソというチームは順位が示す以上にベターなチームだと思いますし、ベターな内容のサッカーをしていると思います。
同じメンバーで長く戦っていることもあって、非常に意思の疎通が取れていて、まとまったチームです。非常に難しいゲームになると思っています。順位表を見てもらうと分かると思いますが、ポイントが拮抗している状況です。
今後もどうしても上位で戦っていきたいという気持ちの中で、明日、とにかくベストを尽くして全力で戦って、上位戦線に残れるように結果を出したいという強い意志を持っています。
試合で結果を残すためには、規律を持った戦いが求められますし、運動量も多く求められる、そういったゲームになると思います」

【質疑応答】
(リーグ戦はここ5試合で3失点と守備が安定していますが、監督から見て、その要因とは?)
「皆さんも見ていて、その理由を見つけるのが難しいのかなと思います。なぜなら、典型的なチームであれば、一般に言われる『守備の練習』をされるでしょうから。我々のチームは、ディフェンスだけの練習は一度もしたことがない。まずはっきり言えることは、我々はボールを失った瞬間に元気など、一番前で攻撃を仕掛けていた選手から守備が始まります。ファーストディフェンダーである選手が速く切り替えて良い仕事をしてくれれば、その後ろにいる中盤の選手、あるいはその後ろにいるDFの選手、キーパーに至るまで、守備がやりやすくなります。
我々の練習は対人系の練習がほとんどで、その中で同時に守備の練習もしているのです。ボールを使った対人練習で2対1をやると、攻撃の練習だと思われるかもしれませんが、逆に言えば数的不利をいかに守るかという守備の練習でもあるのです。試合の中で、相手の速攻で1対2の場面を作られるかもしれませんが、練習でそういうことをやっていれば、どのような対応をするのが一番良いか、理解できているはずです。3対2もやっていますし、4対3もやっています。5対5もあります。5対5のときは守備の選手が1人少ない形になります。そういった練習の中で、守備の練習もしっかりやっているということです。相手の攻撃で、崩された形での失点は少ないと思います。それは我々がいかに良い守備ができているかということの表れです。
セットプレーに関しては、私はどちらかといえば、個人のところ、あるいは運のようなところもあると思います。点で合わせられたらどんなにうまく守備をしようとしても防げない部分がどうしても出てきてしまうところがある。崩された形での失点がいかに少ないかということが、守備ができているかどうかの判断材料になると思います。
セットプレーに関してはここまで多く失点してきましたが、私自身は不運によるものが大きいと思っています。練習でセットプレーをやるのは難しい部分があると思います。なぜなら、相手チームとすべて同じように攻撃を作ることはできませんから。相手も試合になればいろいろなバリエーションで入ってきます。それをすべて練習でやることは難しいです。ここまでセットプレーでの失点が多かったのは、不運な部分が多いと私は思います。どの試合でもセットプレーからの失点は気を付けようと言ってきましたが、それでもセットプレーでやられてしまった試合があります。
仙台戦もセットプレーに気を付けていこうと話をしました。最もセットプレーから得点を挙げている仙台というチームに対して、我々は、セットプレーから失点することがありませんでした。なぜかといえば、個々の意志が関わった部分もあるかもしれませんが、運、不運というのもあったと私は思います。セットプレーの守備の仕方に関しては、これまでと特にやり方を変えたというわけではありませんから。セットプレーからの得点を得意とする仙台に我々は得点を与えませんでした。
守備が安定していることの要因は、一番前の選手からキーパーまで、全員が集中して、意志疎通を図り、連動して組織として守備ができていることの表れです」
【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

「上位戦線に残れるような結果を出す」ミシャ監督

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ