MENU

トップチームトピックス

「チーム全員でハードワークしていく」ミシャ監督

Jリーグ第9節 vs横浜F・マリノス後のコメント

「前半は相手のほうがキレがあったと思いますし、我々のチームは常に一歩、二歩と相手から遅れるような形で反応していました。マークの受け渡しの部分でも、もう少しスムーズに素早くやらなければいけなかったと思います。
前半、特に我々に足りなかった部分はアイデアの部分でした。相手の予測できないようなパスというのがなかったかなと思います。
後半に入ってからは、相手に前からプレッシャーをかけて、良い戦いができたと思います。選手たちは、この試合でどうしても勝利するという強い気持ちをもって、戦ってくれました。その姿勢を私は批判することはできません。
我々は今日、2失点しましたが、不運な失点でした。試合を通して、特に後半ですが、五分の戦いができた試合だったと思います。残念ながら、終了間際にセットプレーで2失点目を喫してしまいましたが、そういったこともある、というのがサッカーだと思います。非常に痛い敗戦でしたが、我々は引き続き、チーム全員でハードワークしていくしかありません。柏木陽介はケガを押しての出場でしたが、本来の彼の調子ではなかった、彼の持っている本来のアイデアというのがあれば、というところでしたが、今日は残念ながらそこが出せない状況でした。
ただ、とにかく切り替えて、次に向かっていくしかないと思っています」

【質疑応答】
(柏木は試合中も痛そうな様子でしたが、どのような状態なのでしょうか?)
「左足の筋肉の深いところに問題があり、痛みもありますが、力が入らないというのが今の状態です」
(それでも起用したというのは彼の力が必要だったということですか?)
「そうです。そういう状態だったとしても必要だと考えました」
(最近、セットプレーからの失点が目立つようですが、それについて監督はどのように考えていますか?)
「セットプレーで失点していることに関しては、監督として責任があると思います。ただ、そういった質問は選手に対しての、良い質問だと思います。皆さん、セットプレー、守備の練習をすれば改善できると思われるかもしれませんが、ただ、試合中に起こるセットプレーは毎回毎回が違ったシチュエーションであり、そういったものは、トレーニングの中で解決できる、とは私は決して思っていません」
(後半、デスポトビッチを入れた意図は?)
「彼はFWの選手ですし、0-1でリードされている中で、攻撃的な選手を入れて、より攻撃的に、同点、逆転ゴールを狙うために彼を起用しました。同点にすることには成功しましたが、残念ながらセットプレーから失点をして最後は敗れてしまいました」
【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

「チーム全員でハードワークしていく」ミシャ監督

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ