MENU

トップチームトピックス

「チームの強い気持ち、勝利への意欲はこれまでと変わらない」ミシャ監督

Jリーグ第21節 vsヴィッセル神戸 前日のコメント

「サッカーではよく言うことですが、『ケガを負ったライオンは非常に危険だ』という、そういうゲームだと思います。先週のゲーム、神戸は名古屋に大敗をして、何とかしてそれを取り返そうと我々浦和を相手に非常にモチベーション高く戦ってくることだと思います。
みなさんもご存じの通り、今シーズン神戸は多くの選手を補強し、シーズン前のチームの目標はACL出場権を得るということでした。多くの選手を補強し、さらにシーズン途中で今まで最も優秀とされる監督を招聘してチーム戦術を整えてきた、そういうチームです。我々にとって非常に厳しい相手であることに間違いはないです。
特に神戸の攻撃に関しては、個人能力の高い、質の高い選手をそろえていますので、神戸の攻撃は非常に危険だと私自身は感じています。その攻撃に対して我々はしっかりとした組織的な守備が必要とされると思いますし、それができれば、ゲーム展開は我々サイドに傾いてくるのではないかと思っています。
我々のチームの強い気持ち、勝利への意欲はこれまでと変わらないと思っています。今日の試合前日のトレーニングはあまり良いトレーニングができていなかったと思いますが、しかしながら選手たちは明日のゲームでもこれまでの試合と同じように強い気持ちを持って、自分たちのやるべきことをしっかりやってくれると思っています」

【質疑応答】
(西野監督のことを「優秀な監督」と評価していたが、西野監督が作るチームについて抱いている印象は?)
「西野さんが来る前の神戸というチームは、やはりしっかりとした守備からのカウンターというチームで、そのカウンターが非常に危険なチームだったと思います。西野さんが来てからは、以前西野さんが率いていたガンバのようなサッカーをするチームに変化してきている。パスを多用してコンビネーションしながらシュートまで持っていくというサッカーを神戸はやろうとしている。以前ガンバでやっていたことと似ているのではないかと思っています。自分たちがボールを持って仕掛けていくというサッカーに変化してきていると思います。
ただ、以前の監督さんの名残なのか、しっかりした守備から危険な速いカウンターというのはいまだに残っていて、その部分は非常に危険だと思っています。相手をリスペクトする必要はもちろんあるのですが、ただ、相手がどうこうということではなくて、我々がどういうサッカーをするかが大事だと思います。磐田戦のようなゲーム、あるいはFC東京戦の前半のようなゲーム、そういったものを神戸戦で出していければ、相手がどうということではないと私は思います。自分たちがどうするか、です」
【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

「チームの強い気持ち、勝利への意欲はこれまでと変わらない」ミシャ監督

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ