MENU

トップチームトピックス

「サポーターがすばらしい雰囲気を作ってくれた」ミシャ監督

Jリーグ第2節 vs名古屋グランパス 試合後のコメント

「決して簡単なゲームではなかったです。名古屋は立ち上がりからアグレッシブに、我々の後ろからの組み立てを寸断するために、前から圧力を掛けてきました。慎重に入らざるを得ない、難しい前半の立ち上がりだったと思います。
たた我々は90分を通して、前から圧力をかけるというのは無理だと考えていましたから、落ち着いて対応ができたと思います。
前半は本来のうちの形はそれほど多く作れませんでした。ただスペースはあいてくると考えていましたし、時間とともに本来の攻撃の形が出せていったと思います。今日のゲームもたくさんのサポーターが足を運んでくれて、すばらしいスタジアムの雰囲気を作ってくれました。我々は幸せです。これだけ多くの方たちの前でプレーができるのですから。さらに期待に応えるために戦わなければなりません」

【質疑応答】
(ストイコビッチ監督が興梠選手を非常にインテリジェンスな選手だと話していました。監督はどのようにお考えですか?)
「だからこそ、我々は慎三を浦和に呼びました。まだ彼は、本来の能力を出せてはいないですし、時間がかかると思います。ケガでチームから離れている時間もあったので」

(ゴールシーンは、啓太選手から興梠選手へのパスもすばらしいものでした。監督はどのような印象を持っていますか?)
「私がもしハーフタイムにそこを狙っていけと言っていたと言ったら、それは私の監督としてのスタンスではありません。ただ、名古屋が前からプレッシャーを仕掛けてきていて、前が5対5、後ろが5対5という守り方をしていました。それは相手にとって難しいのではないかと考えていました。だから、私はもっと縦を狙っていこうということは言いました。思っていたとおりの展開だったと思います。
前半からもっと狙っていけばいいとは思っていました。入ったときには良い形ができていましたし、後半も良い攻撃の形を出せたと思います」

(見ていてマルシオ選手が少し心配ですが、何か原因がありますか?)
「どの選手もスタートから出たいと思うのは普通です。関口もそうでしょう。マルシオが本来の力を出せていないと感じてらっしゃるようですが、途中から出るのと、スタートからでるのでは感じ方が違うのかもしれませんし、練習を見る限りは私自身、気が付きませんでした。火曜日のACLの試合ではスタートから出ることを考えています。私自身はまったく問題ないと考えています。勝っているときは比較的、うまく物事が進むものです。負けたときに、いろいろと監督は抱え込むのです(笑)」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

「サポーターがすばらしい雰囲気を作ってくれた」ミシャ監督

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ