MENU

トップチームトピックス

「アウェイに応援に来てくれる方々が幸せな気持ちで帰路に着くことを願っている」リカルド ロドリゲス監督(定例会見 7/9)

7月9日にオンラインで行われた会見でのコメント

(明日の大分トリニータ戦は中断に入る前の最後の試合になるが、前半戦の全体を見てどれくらいの満足度があるか?)
「今年の前半戦に関しては満足しています。私たちの目標はスタイルを定着させることでしたが、チームのアイデンティティーも発揮できてきていますし、我々が行いたい攻撃的なプレスをかけるサッカーも見られています。パフォーマンスもいいですし、J1リーグで来季のACL(AFCチャンピオンズリーグ)出場を狙うという目標を含め、3つの大会でチャンスを残している状況にできています。もちろんJ1リーグではさらに上のポジションが望ましかったですが、非常にポジティブな前半だと思います」

(中断期間は1ヵ月近くあるが、新しく取り組みたいと考えていることはあるか?たとえば3バックに言及されたこともあったが、そういうことをやってみたいという気持ちもあるのか?)
「徳島(ヴォルティス)での経験からも言えますが、シーズンの途中で新たな選手が加入すれば、チームづくりのプロセスが最初に戻ります。新しいチームになりますし、新加入の選手たちが入って自動的に機能することはありませんので、彼らがいかにチームに溶け込むか、私たちのポジショナルサッカーにうまく入っていけるかというところがポイントになりますので、新しいことを加えるよりも、今までやってきたことをさらに補強するという作業になります」

(この時期の大分は蒸し暑いことが多く、体力的に大変な試合になると思うが、そういう環境で戦う際に大切にしていることは?)
「ボールを保持することです。ボールを走らせて、自分たちでキープし、失ったら早めに奪い返すことがポイントになると思います」

(大分トリニータの印象は?)
「得点は少ないですが、相手にあまりチャンスを作らせないチームです。時間はあまりありませんでしたが、分析したり情報をもらったりしている中で、彼らは5-4-1のスタイルを崩さないチームで、低いブロックで引いて守ることによって、相手に形を作らせないようにすると感じました。

攻撃面では、長沢(駿)に対するクロスなどを使ったりしていて、いい選手もそろっていると思います。いつも通り、自分たちの最高のレベルを見せなければいけないと思います。Jリーグはそうしなければ勝てないと思っています」

(引いた相手を崩すことは難しいと思うが、アタッキングエリアに入ってからのプレーはどうすればうまくいくと考えているか?)
「ユーロ(UEFA欧州選手権)を見ていても、スペインがスウェーデンに手こずっていました。サッカーでは相手チームが低いブロックを形成するときが一番難しいと思っています。その中でも我慢強く自分たちのコンセプトをキープし、必要なポジションに選手が入りながらプレーすることが必要だと思います。このチームにはそこでプレーする武器や能力はあると思っていますので、しっかりこじ開けていきたいと思います」

(伊藤涼太郎選手が水戸ホーリーホックへ育成型期限付き移籍したが、どんなところを成長させて戻ってくることを期待しているか?)
「彼もこのチームの中で競争していましたが、彼とは、我々が押し込んでいるときに生まれる小さなスペースの中での体の向きやボールコントロール、そして判断が大事といつも話していました。そういったところを水戸で成長してもらえればと思います。彼もまだ若い選手ですし、伸びしろがまだまだあると思います。彼のポジションで必要な経験を水戸で積み、選手としても成長してもらいたいです」

(試合前のウォーミングアップで行っているポゼッションゲームで、シーズン序盤はボランチとセンターバックがフリーマンをやっていたと思うが、最近はセンターバックがフリーマンをやることがなくなっていると思う。それはチームの成長の段階と関係しているのか?)
「フィジカル的な意味でセンターバックにフリーマンをやらせることもありますが、ボランチは試合の中で最もボールを触る選手たちですので、360度を見ながらプレーするという意味で、彼らがより多くフリーマンをやります。その中で体の向きなどに気を付けてもらいたいと思いながら行っています。ボールをたくさん触る彼らはキープレーヤーだと思っています」

(レッズのポジショナルサッカーに対して、露骨にスペースやポジションを消してきたときにどうするのか?たとえばより相手を引き出すのか、スペースに入っていくスピードを上げなくてはいけないのか、あるいはどんなに埋められても突いていけるスペースがあると考えているのか?)
「非常に広いテーマですが、私もあまり相手チームにヒントを与えたくありません。この記事を相手チームも読むかもしれませんので、あまり多くの情報は出したくないですが、スペースはあります。それを見つける作業になります。そしてタイミングが重要ですし、スピードアップした方がいいのか、忍耐強くやった方がいいのか、さまざまな状況がありますが、自分たちのプレーや行動を変えながらそれを見つけなければいけません。できることはたくさんあると思います。

戦術的なことですので、あまり多くを公表すると相手を助けることになりますが、複雑な状況でスペースを見つけるということがテーマであり、これは毎週トレーニングしています。相手も私たちを分析していますので、私たちもどのようにすれば勝ち点を取れるのかを考えながらトレーニングしています」

(低いブロックをつくってくる相手に対しても、我慢強く自分たちのコンセプトをキープすることが必要で、レッズにはその武器や能力はあると思っているという話だったが、準備期間が短い中で大分の対策より自分たちの戦い方を磨くことに時間を費やしたのか?)
「レッズがやらないといけないことに集中しました。仙台戦から相模原戦、大分戦が待っていることは分かっていましたので、5バックに対する対策などは先週からトレーニングしています。今日はそれを思い出す作業のみを行いました。フィジカル的にあまり負荷をかけず、リカバリーを促すように軽いトレーニングをしました。できるだけフレッシュな状態で戦ってもらいたいと思っています」

(大分戦は久々にレッズのファン・サポーターがアウェイで応援できる試合になるが、どう感じているか?)
「うれしいです。彼らの応援があることはとてもうれしいことです。彼らにいいゲームをお見せして、勝ち点3をお届けしたいです。清水(エスパルス)戦や横浜FC戦など、アウェイゲームにファン・サポーターが来たときは、その存在を感じましたし、しっかりと勝利を届けて、彼らが幸せな気持ちで帰路に着くことを願っています」

(中断前最後の試合となる大分戦に向けての意気込みは?)
「今向かっている方向にこれからもいかないといけないと思います。仙台戦はチャンスを作っていたのにも関わらず勝利につなげることができず、非常に残念です。J1リーグではここからがACL出場権獲得に向けて、重要だと思っています。そのためにも大分戦で勝ち点3を取りたいと思います。

そして今年の後半戦の戦いに関しては、11月、12月になっても3つの大会でチャンスを残している状況で戦いたいと思っていますが、上を目指すためにもここでの勝ち点3は大きなステップになります。いい形で中断に入りたいと思います」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】​

「アウェイに応援に来てくれる方々が幸せな気持ちで帰路に着くことを願っている」リカルド ロドリゲス監督(定例会見 7/9)

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ