MENU

トップチームトピックス

「ここから立て直していく」ミシャ監督

Jリーグ第8節 vs清水エスパルス 試合後のコメント

「浦和レッズとしては今日のようなゲームは負けてはいけないものでしたが、残念ながら落としてしまいました。
2日前に非常にハードな試合があったわけですが、選手たちは非常に強い気持ちを持って闘ってくれました。その姿勢を批判はできません。立ち上がりから主導権を握ってゲームを進めましたが、なかなかサイドから崩せない状態が続き、あるいは相手がプレッシャーをかけてきたところでのサイドチェンジが遅かったと思います。
相手が9人下がって1人残してカウンターというのを狙っていたのは分かっていて、十分に警戒をしていました。失点したシーンも我々の選手は2人いましたが、そこを突破されて失点となりました。1人少なくなった後も選手たちは全力を尽くして戦っていましたが、結果は出ませんでした。長いリーグを戦っていく中ではこうした試合もあると思います。これでリーグは連敗になりました。ですが我々はここから十分に立て直せるだけの力はあります。明日からACLに向けての戦いに向かいますが、厳しい日程でも我々はしっかりと戦っていけると考えています」

【質疑応答】
(ボールをキープしていてなかなか勝ちきれない試合が続きましたが、どうなれば勝ちが近づくと考えていますか?)
「1つは体の切れの部分があると思います。2、3メートルのスプリント、あるいはチャンスでの判断、例えば、マルシオがシュートを打った場面で興梠はフリーでした。あとはサイドでの1対1の場面でなかなか突破できませんでした。サイドでの突破がもう少しできれば中が開いてきます。そういうところだと思います」

(フィジカルコンディションが整っていればそうしたプレーができるとは思いますが、過密日程でそうしたことができない、と。フィジカルコンディションを調整できないという状況の中で、今後、どう戦っていきますか?)
「そのあたりのことに関しては難しい部分があると思います。1つは気持ちの部分も大切だと思います。疲れているという部分をいかに克服するかというのもあると思います。試合の過密日程は、最近のシーズンのプランの中では厳しくなっていると思っているのですが、与えられた中で戦うことが大切なのですが。試合に負けてしまうとそういう部分が指摘されると思うのですが、もし我々の結果が出ていれば、最後のチャンスでゴールが入っていればそういうことはなかったと思います。チーム状況を見ても原口、永田らがケガをしている中で、矢島、関口らを投入して戦ったわけですが、そういう中で運、不運というのも出てくると思います」

(阿部選手の退場がありましたが、どのように考えていますか?)
「レフェリーが一発退場をさせたというのは、その方の判断に対して、私は受け入れるしかないと思います」

(立ち上がりにマルシオのシュートがあり、平川の突破もありました。阪野の、個人からの打開でのバーへのシュートもありました。結局、サッカーは個人勝負も大切だと思いますが、後半は勝負しない場面が多かったですね。そこで勇気を持って勝負をさせるためには何が必要だと思いますか?)
「もちろん、後半はおっしゃるとおりでしたし、チャレンジをしてもゴールから遠いところでした。もちろん個人の突破も必要でしょう。
ただ私自身、なぜそうしたポジションの選手がそうしなかったのかを話すのは私のスタイルではありません。それをしなければいけない選手が疲れていたのか、どうだったのかは分かりませんが、おっしゃっていることはそのとおりだと思います」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

「ここから立て直していく」ミシャ監督

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ