MENU

トップチームトピックス

「あえてリスクを負って戦う」ミシャ監督

Jリーグ第32節 vsサンフレッチェ広島 前日のコメント

「明日も非常に厳しいゲームです。首位を走るチームとの対戦ですから、これまで以上に厳しいゲームになるでしょう。ただ、今の浦和レッズであればそういった相手であっても必ず良いゲームができるのではと思っています。
ここ4試合ほど、結果というものは残念ながら伴っていないですが、仙台、セレッソ大阪、川崎戦と、内容的にはベストなゲームができた3試合だったと思います。首位を走るということは、チームの成熟度や運など、いろいろなことが組み合わさって初めてできることだと思います。明日はそういった首位を走るチームとの対戦ですが、浦和レッズとしては、非常に早い成長を遂げていると私は思っています。そういった対戦相手に対しても、十分に自分たちの良さも出していけるでしょう。
明日のゲーム、相手は佐藤寿人選手も自陣に帰って、その後ろには5枚プラス4枚と、9人でブロックをつくって、まるで中国にある万里の長城のような守備をしてくると思います。私が率いていた時代から、そういった守備をしてから危険な走りをしてくるというのは、狙っている所であると思っています。
我々が最近見せている攻撃の良さというものは十分に出していけると思いますし、この短い期間の中でも、やろうとすることを非常に吸収して成長してきてくれています。私自身は、決して明日、広島に見劣りするようなゲームをするとは思っていません。
逆に、最近でいえば相手よりも良いサッカーをしていると思います。だからこそ、明日のゲーム、必ず選手たちは良い試合をしてくれると思います。明日は4万人以上のサポーターがスタジアムにくるのではないかと思います。相手と同じような戦いをすると、そのサポーターがどう思うのか、私自身は考えるところです。
私自身、リスクを負って戦うというのがスタイルです。いつもどおりのスタイルでサッカーをしようと思いますし、もしかしたら、広島に対して、隙を与える、あるいはリスクをうまく生かされるということもあるかもしれませんが、我々はあえてそのリスクを負ってでも、戦います」

【質疑応答】
(監督自身が作り上げた広島と対戦することについて、特別に意識する部分は?)
「古巣との対戦ですが、私自身はプロフェッショナルに徹します。広島では6年間、良い時間を過ごしてきましたが、私は今、浦和レッズの監督です。もちろん過去の出来事を忘れることはないですが、私の今の現実はここにあります。私は浦和レッズの監督として、プロフェッショナルに、彼らとしっかり戦っていきたいです」
(1年目でチームを優勝争いに導いている森保監督の印象は?)
「彼はしっかりとチームをまとめ、素晴らしいチームに仕上げていると思います。その結果が今の首位というものです。彼の仕事そのものが結果に表れていることは、彼が素晴らしい監督であるということではないでしょうか」
(柏木の出場は難しそうだが、彼がいないことによる影響は?)
「非常に残念なことですが、彼がいなくてもやるしかありません。そのことについて、たら、れば、の話をしても我々の助けにはなりません。我々はとにかく戦うしかないのです」
【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

「あえてリスクを負って戦う」ミシャ監督

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ