MENU

トップチームトピックス

第33節 vs 柏「金Jで快勝!」

22日、浦和レッズは埼玉スタジアムで明治安田生命J1リーグ 第33節 柏レイソル戦【MATCH PARTNER メディカル・ケア・サービス】に臨んだ。

レッズは、前半から汰木康也が2ゴール、関根貴大が1ゴールを決めて3点をリードすると、その後1失点を喫したもののキャスパー ユンカーが追加点。後半には江坂 任もゴールを決め、5-1で勝利した。

強い雨が降り、冬のような寒さとなったこの日の埼玉スタジアム。しかし、レッズの選手たちは熱い闘いを展開した。

立ち上がりから冷静にプレーし、徐々にペースをつかんでいくと、15分だった。

山中亮輔がスライディングでボールを奪うと、ディフェンスラインからビルドアップを開始。柴戸 海のワンタッチパスを受けた江坂 任がドリブルで中央を駆け上がりスルーパスを送ると、これを左寄りで受けたキャスパー ユンカーは中央へスルーパス。ペナルティーエリア内で右方向に走りながらボールを追った汰木が体をひねりながらワンタッチでゴール左へ決め、渾身のガッツポーズ。レッズが先制した。

さらに19分にはまたもディフェンスラインからビルドアップすると、関根のサイドチェンジでボールを受けた山中がグラウンダーのクロスを送る。ゴール前で混戦になると、柴戸が相手に後ろから倒され、PKを獲得。このPKを関根が冷静に決め、21分にリードを広げた。

レッズの勢いは止まらない。続く23分には一度ボールを下げてディフェンスラインから攻撃を作り直すと、柴戸の正確なフィードを左サイドで受けた山中がクロス。これは相手に弾かれたが、こぼれ球を拾った汰木が左45度からカーブをかけた絶妙なシュートをゴール右に決め、3-0とした。

33分には失点を喫したものの、前半終了間際の45分にはスーパーゴールが飛び出す。

山中からのパスを平野佑一が左足ワンタッチで前線へ送ると、キャスパーが圧巻のスピードと強さを披露。エメルソン サントスを後方から追い抜くと、さらにエメルソン サントスのチャージをものともせずにトラップし、左足でシュート。これがゴール右に決まり、再びリードを3点とした。

キャスパーに代わって小泉佳穂が出場した後半も追加点を奪う。59分、左サイドを抜け出した小泉が左足で高いクロスを送ると、小泉にパスを送ってからゴール前に走り込んでいた江坂が胸トラップから右足でシュート。ボールは相手DFに当たりながらゴール左に決まった。

74分には細谷真大にゴール前に抜け出されたが、西川周作がファインセーブ。その直後にペナルティーエリアのわずかに外で与えたFKも壁がしっかりと弾き、こぼれ球のシュートに対しても3人がプレッシャーをかけて枠に飛ばさせなかった。

さらに77分には武藤雄樹に左足のシュートを打たれたものの、西川がまたもファインセーブ。2失点目を許さなかった。

その後も84分にFKのこぼれ球から途中出場の宇賀神友弥がダイレクトロングシュート。さらに89分には宇賀神が得たFKを途中出場の大久保智明がファーサイドに送り、酒井宏樹のヘディングシュートがクロスバーに当たるなど、最後まで攻撃的な姿勢を崩さぬまま、5-1で試合終了。

J1リーグ3試合ぶり、公式戦5試合ぶりの勝利を果たすと同時に、フライデーナイトJリーグ、通称『金J』に名前が変わってから9試合目にして初めて金曜日の試合で勝ち点3を手にした。

次戦は、10月27日(水)18時30分からパナソニック スタジアム 吹田で行われる、天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会 準々決勝 ガンバ大阪戦となる。

【汰木康也】
(今日の試合の総括とゴールを振り返ってどうだったか?)
「自分のゴールシーンも含めて、ゴール前でのクオリティーを上げていこうという前節の反省点を生かせた試合でしたので、チームとして自信になると思います」

(相手がプレッシャーをかけにきてもワンタッチ、ツータッチで外していい連動性も出ていたと思うが、どういう攻撃のイメージでプレーしたのか?)
「今日だけではなく、最近はチームとしてそういうサッカー、後ろから組み立ててパスをつないで相手を剥がしてゴール前まで、という優位性を保ったゲームは自分たちの特長です。今日に限らず、最近はゲームを支配できるような時間帯が多いですし、ラストのクオリティ次第でゲームがどう転ぶかというところだと思います。今日はそれがいい方に行きましたので、良かったと思います」

(1点目はチームでいい形でパスをつないだゴールだったが、キャスパー ユンカー選手にボールが入ったときに交差するように入っていったところは考えが通じ合っていたのではないか?)
「最初は自分が直接、(江坂)任君からもらうために斜めに走りましたが、それが結果的にクロスするようなシーンになりました。キャスパーにボールが入った後、シュートを打つかなと思って若干スピードを緩めてしまいましたが、信じて走り込めて、結果としてゴールにつながりました。チームとして後ろからつないだ結果のゴールシーンでしたので、僕だけじゃなくてチームとしても自信になる1点だったと思います」

(汰木選手自身の2点目は山中亮輔選手のクロスがきっかけだったと思うが、ガンバ大阪戦で山中選手が復帰し、アレクサンダー ショルツ選手がボールを持ち上がってくることで山中選手の特長を生かせていると思う。一列前でプレーしていてどう感じるか?)
「ヤマ君(山中)が復帰するまではアキ(明本考浩)と組むことが多かったですが、もちろん特長も違いますし、左利きのスペシャリストですので、サイドでヤマ君がボールを持ったときには、自分は近くに行き過ぎずに任せて、ゴールを取れるようなポジションを意識しています。相手のクリアミスでしたが、結果的にゴールにつながったので良かったと思います」

(次戦、27日の天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会 準々決勝 ガンバ大阪戦も大事な試合になるが、意気込みはどうか?)
「まずは前回の悔しい思いがありますので、それをぶつけていきたいと思います。試合を通して前回も今日のゲームも支配できていると思いますので、今日のような最後の質を出すことができれば、上に進めると思います。また明日のトレーニングから質を上げる準備をしていきたいです」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

その他のコメントや試合写真は、サイトメンバーズにてご覧いただくことができます。
■サイトメンバーズ(月額330円/税込)はこちら→https://sp.urawa-reds.co.jp/
※REX CLUB LOYALTYの方は、無料でご利用いただけます。







PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • 三菱パワー
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ