MENU

トップチームトピックス

リカルド ロドリゲス監督 C大阪戦試合後会見

JリーグYBCルヴァンカップ プライムステージ 準決勝 第2戦 セレッソ大阪戦 試合後のコメント

「今回の試合は、ゴールが取れそうな形もあったと思います。ただ試合全体を振り返って、前半に関して言うと、動きの数や連動性のところで、やや相手が抑えやすい動かし方をしてしまったのかなと思います。後半はキャスパー ユンカーのシュートなどいくつかのチャンスはありましたが、1点を取ることができませんでした。1点2点と取るチャンスはあったとは思いますが、最後に決めきるところまで行けず、相手からすると1点を守り切った形になったと思います」​

[質疑応答]
(ヴィッセル神戸戦からの3試合ぐらいで、レッズの選手たちがボールを受けるところを狙われてボールを失う場面が見られるが、それは個々の頑張りに期待するか、立ち位置を工夫するなどの必要を感じているか?)
「いろいろな面があると思います。個人の部分ももちろんあるでしょうし、ピッチの状況、それからもちろん相手も我々のことを分析してきます。いろいろな側面からこういう形になったと思います」

(これでリーグと天皇杯に集中することになるが?)
「我々の目標はACL(AFCチャンピオンズリーグ)に出場することにあったので、その目標をつかもうとする中で、ルヴァンカップでここまで争えたのはすごく良かったと思います。もちろんタイトルを獲るのが理想で、それをファン・サポーターのみなさんの前で見せることができたら良かったのですが、そうはいきませんでした。ただ、リーグ、天皇杯と、まだまだACLに出るための切符は残されているので、そこに我々は集中し、獲りにいけるようにしていければと思います。ここまで疲労などもあったと思うので、勝ち上がっても1試合ではありましたが、疲労の部分も考えた上で、2つに絞られてしまったので、そこにしっかり集中して戦っていければと思います」

(一つの大会が終わり、選手たちも悔しい思いをしていると思うが、次に向かうために選手たちにはどんな声をかけようと思っているか?)
「まず、この試合に関して言うと、もちろん勝つ可能性もあったと思いますし、延長まで行ける可能性もあった、それだけのチャンスはあったと思います。もちろんルヴァンカップのタイトルを獲れればよかったですが、我々はACLに向けて集中して戦っていけるようにすること。もちろん戦っていくだけでなく、その中でしっかりと成長していくことが大事だと思います。ただ、今回のルヴァンカップの戦いも、今後に向けてすごく重要だったと思います。こういう一発勝負のような形の中で、もちろん今後に生きることもあるでしょう。天皇杯で勝たないといけない試合がある中で、この敗戦が次につながると思います。我々は勝つために何が必要かを模索しながら、そしてインテンシティーのところで、強く行く、戦う、そういったところをさらに高めていければと思います」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • 三菱パワー
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ