MENU

トップチームトピックス

リカルド ロドリゲス監督 川崎戦試合後会見

JリーグYBCルヴァンカップ プライムステージ 準々決勝 第1戦 川崎フロンターレ戦 試合後のコメント

「全体的に見たら、すごくいい試合ができたと思います。攻撃と守備、どちらも良くできたと思います。追加点を取るチャンスもあったので、そこでいかに決めきれるかというところ。あとは、失点の場面でPKを与えてしまったところの悔しさはありますけど、個人個人のパフォーマンスとチーム全体のパフォーマンスはすごくいいものが出ていたので、全体的にはすごく満足しています」​

[質疑応答]
(今日はストライカータイプの選手をピッチに置かずに試合をしたが、それはレッズに理由があるのか、それとも川崎フロンターレを見てその方がいいと判断したのか?)
「彼(江坂 任)が前線に入るのは、また一ついいオプションだと考えています。それは今日のプレーを見て分かる通り、コンビネーションのところや、彼にボールが入ったときにゲームの流れが止まることなく連続したプレーがつながっていく、そういった彼の良さがあります。それからディフェンスのところでは前からプレスをかけていくことができる選手なので、そういった意味では前線で素晴らしい活躍をしてくれたと思っています。残念ながらチャンスの場面でゴールを決めることはできませんでしたけど、そこの力があることは間違いないですし、いろいろなオプションがある中で、一ついいオプションとして、彼を前線に起用しました」

(次の試合は最低1点を取らなければいけないが、第2戦に向けて、この試合の満足感は?)
「今日やったことを引き続きやっていくことが大事だと思っています。いい試合ができたので、我々としてはゴールを奪って、そして勝って突破していければと考えています。もちろん2点を取れば引き分けでもいいということがありますけど、我々が考えるべきことは、今日できたことをさらに良くしていって、ゴールを奪い、しっかり勝ちきって次に進むことだと思うので、そのように準備していければと思います」

(前半と後半に2回、自陣での自分たちのスローインから大きなピンチを迎えたが、その点はどう考えているか?)
「あそこは少し心配する場面だったと思います。前半の唯一の相手のチャンスだったと思いますし、PKのシーンがスローインから始まったかどうかは確認できていませんが、いずれにしても、スローインのところは我々の改善点だと考えています」

(前後半でアレクサンダー ショルツ選手と槙野智章選手を半分ずつ起用したり、平野佑一選手をわりと早い時間に交代させたりしていた。勝ちに行きながらも8連戦の出場時間をうまく調整しながら戦っている印象があるが、どのように選手を使い分けているか?)
「今回の試合もそうですけど、湘南ベルマーレ戦でも疲れを蓄積している部分もあります。大事なことは目の前の試合に勝つことですが、次があるのも事実なので、そういったところでバランスを取りながら、この試合に勝つために、そして次の試合でもいい試合をできるように、ということを考えながらやっています」

(その中でも明本考浩選手はあまり休みがないが、タフさを信頼しているのか?)
「彼のパフォーマンスがいいのはもちろんですし、彼は回復が早いのもあるので起用が続いています。そこも考えながらやっていければと思います」​

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • 三菱パワー
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ