MENU

トップチームトピックス

リカルド ロドリゲス監督 仙台戦試合後会見

明治安田生命J1リーグ 第21節 ベガルタ仙台戦 試合後のコメント

「試合全体を通して見ると、すごくいい試合ができたと思っています。チャンスの数もたくさん作れましたし、相手も1本決定的な場面がありましたけど、全体的なバランスで見たときに、いいチャンスを多く作れていたと思うので、勝利にふさわしい内容はできていたと思います。ただ、最後のゴールを決めきるところが達成できませんでした。我々としては1-0、2-0、それくらいの結果になっていてもおかしくない内容だったのではないかと思います。

いい試合はできたと思いますし、足りなかったのは決定力のところです。チームの働きに関しては、すごくいいプレーができていたと思います」​

[質疑応答]
(内容としては監督が理想としている試合に近いものを展開できたと思うが、そういうプレーができたうれしさがあるか、それとも、そういう試合だからこそ勝てなかった悔しさがあるか?)
「正直、どちらもあるという感じです。チームのパフォーマンスには満足しているところもありますし、一方であれだけやれていたのだから、ゴールを決められなかったというフラストレーションももちろん抱えています。これだけの試合ができたので勝ち点3をしっかり取れれば、というところがあったので、両方の気持ちです」

(ここ最近はシュート、枠内シュートがすごく増えていると思うが?)
「チームはだんだん改善されていっていると思いますし、やれるところは広がっていると思います。相手にとって危険なシーンやチャンスの数、質は高まってきているので、だからこそ勝てなかったことが残念で仕方ありません。ただ、このままやるべきことを続けていければと思っています」

(こういう試合があったときに、必要以上に深刻に受け止めないようにやっていくのか、それとももっとしっかりやるんだとプレッシャーをかけるような働きかけをするのか?)
「一つの考え方ですけど、パフォーマンスはすごく良かったと思います。それだけの内容やチャンスの数があり、ゴールが取れませんでした。

考えてみたときに、勝利を挙げたけれども全くチャンスを作れなかった試合があるような状況であれば今後を心配していかないといけませんが、今回に関して言うと、チャンスの数もそれなりにあり、勝てませんでした。ただ、チームのパフォーマンスは良かったです。これは今後続けていくしかないので、そうしていければと思っています。

どちらかというと、今日みたいにチャンスを作って勝ちきれない試合の方が、チャンスが全くなくてたまたま勝てた試合よりはいいと思っています。今後もこういったところを作りながら、そしてそれを決めきれるようにしていければと思っています」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • 三菱パワー
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ