MENU

トップチームトピックス

リカルド ロドリゲス監督 富山戦試合後会見

天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会 2回戦 カターレ富山戦 試合後のコメント

「すごくいい試合をしたと思っています。相手のカターレ富山がすごくいいチームでした。あらゆる面で戦って走り、戦術的にもいろいろな面ですごく整理されているチームだったので、その相手に対して崩すもののゴールまでは、という場面が続きました。ただ、その中でもしっかりとチャンスを作れていましたし、ゴールも取れました。1-0という結果にはなりましたが、チャンスの数を考えれば、3回戦に進むにふさわしい内容だったと思っています。選手たちはみんなが一生懸命戦って、すごくいい働きをしてくれたと思っています」

[質疑応答]
(トーナメントの一発勝負では、有利に試合を進めている方がなかなか点を取れずに難しくなることが一般的にあるが、そういう試合を勝つことができた理由は?)
「こういうカップ戦は一発勝負ですので、非常に危険な戦いが常にあると思っています。おっしゃる通りチャンスを作ったとしても、どれだけいい攻撃をしていても、必ず相手側にもそういうチャンスが一つはあるものです。それはたとえば、セットプレーの形であったりカウンターであったりです。今回の我々のケースで言うと、クロスに誰にも触れずゴールに向かったところを西川周作がセーブしたシーンがありました。ああいった、何が起きるか分からないような状況は、必ず一つはあるものです。

今日のように、なかなかゴールが決められずに時間が過ぎていく緊張感がある中で、何かが起こるというのはありうることです。天皇杯には、カテゴリーはないと思っています。今回で言うと、川崎フロンターレにしても最後の最後まで苦戦しましたし、FC東京、ベガルタ仙台、横浜F・マリノスなどは、望んだ結果が得られませんでした。そういったことが必ずあるので、難しい中、選手たちは非常に素晴らしい試合をしてくれたと思っています」

(今日の試合は優位だった時間は長かったと思うが、ミスの見られるシーンも多かったと思う。これはカターレ富山のプレッシャーが激しかったなど相手の要因が大きかったのか、それとも自分たちの要因もあったのか?)
「まず、何より彼らのプレスがすごく良かったと思っています。攻撃していく上で相手の狭いところ、狙いどころになるところを攻めないといけない瞬間も出てきます。ボランチやセンターバック、そのつぶしができるところを通っていかないといけなくて、そこでうまく相手に取られてしまったようなシーンはすごく多かったと思います。もちろん、我々自身の技術的なミスもあったので、そこは課題としていきながら、ただボールロストの多くは、彼らがすごくいいプレスをかけていたと思います」

(今日は主力を多く起用したが、中3日で迎えるヴィッセル神戸戦はどのように戦うか?)
「まずはしっかりと回復すること、そして次の試合に向けてチームとして最大限の力を出せる戦法をしていければと思っています。そのときに一番いい状態である選手たちを起用し、中にはフレッシュな選手を使う、もしくは疲労がある中でも出る選手もいると思いますが、いずれにしても次の試合に勝つために最大限の力を出せるよう変更していき、ヴィッセル神戸に勝って次のステージに行ければと思います」

(大久保智明選手は非常に野心を持ってプレーしていたと思うが、評価は?)
「今日の試合では、本当に重要な存在だったと思います。すごくいい試合をしたと思いますし、彼のプレーでだいぶ助けられたところがあるので、満足しています。彼は今まで出ていなかった選手ではあるのですが、自分の得たチャンスを生かして今日のプレーをしてくれたと思います。彼個人のパフォーマンスもそうですけど、それに伴ってチームのパフォーマンスを引き上げてくれたと思いますし、何より彼は日頃の練習から最大限の力を出してやり続けてきていました。こういった選手たちには常に機会を与えていきたいと思っていますし、実際にその機会を彼自身がつかみ、そして生かしたと思っています。本当に、彼のプレーには満足しています」​

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • 三菱パワー
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ