MENU

トップチームトピックス

リカルド ロドリゲス監督 神戸戦試合後会見

JリーグYBCルヴァンカップ プレーオフステージ 第1戦 ヴィッセル神戸戦 試合後のコメント

「前半は神戸が優位に試合を進めていたと思います。彼らがいろいろとやり方を変えてきたということもあり、我々がうまく対応できない時間が続いてしまいました。ただ、その後に攻撃と守備の両方でいくつか修正を加えて、だいぶ良くなってきて、時間を追うごとにチームが相手のやり方に慣れてきたと思います。

結果的には、我々が第1戦で勝利を収めたので、アドバンテージを持って次の試合に挑むことができますが、180分の試合ですので、残りの90分間、ホームでしっかりと戦いたいです。神戸もすごくいいチームですので、我々も常に目指しているところの最大限の力を出し、勝利を目指して戦うことが、次の試合に勝つ条件だと思います。サッカーではいろいろなことが起こりますので、過信せずに次の試合もいいサッカーをして、勝利で締めくくることができればと思います」

[質疑応答]
(神戸がやり方を変えてきた一つが3バックだと思うが、攻撃と守備の両面での修正とはどのようなものだったのか?)
「いくつか話しましたが、まずはビルドアップやそこからどうやって前進していくかという話をしていきました。相手のディフェンスの対応の仕方、振る舞いで『こういうふうにやってくるから、我々はこういうふうにボールを動かしていこう』という話をしました。その中で相手にどうダメージを与えていけるか、まずはそういった話で、修正をして、実際に選手たちはそれをうまくやってくれたと思います」

(第2戦の前には天皇杯2回戦のカターレ富山戦があるが、天皇杯の意気込みはどうか?)
「こういった試合はすごく危険なものだと思いますし、常に100パーセントの力を必要とする試合だと思います。一つひとつの失敗も許されない戦いになると思いますし、大会の特性上、一発勝負になりますので、いつもやっていることですが、我々としては最大限の力を出せるチームを組んで試合に挑めればと思っています。そして何のサプライズも起こさせないような試合を展開し、しっかり勝利したいと思います。その次の神戸との第2戦も同様に考えています」

(関根貴大選手をトップ下に置いてスタートしたが、その狙いは?)
「そもそも神戸がやり方をここまで変えてくることは想定していませんでしたので、J1リーグの戦いを見ている中で、こういったやり方をしてくるだろうと思った上で彼をあのポジションで起用しました。彼のスピードやクリエイティブなところを引き出しながらやっていこうという狙いがありました。その中で相手もやり方も変えていたので、修正しながら、今日1試合いいプレーをしてくれたと思っています」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • 三菱パワー
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ