MENU

トップチームトピックス

リカルド ロドリゲス監督 名古屋戦試合後会見

明治安田生命J1リーグ 第17節 名古屋グランパス戦 試合後のコメント

「難しい試合になったと思います。ただ、相手が上位につけている状態のいい名古屋ということを考えると、こういった引き分けも悪いものではないと思います。

前半に関しては、どちらかというと相手にチャンスを作られるような形があって、なかなかうまいようにまわりませんでした。後半に関しては、前半に比べるとボールを握る時間や落ち着く時間があったのかなと思います。ただ我々のチャンス自体は汰木(康也)からのクロスであったり、関根(貴大)がボールを奪ったところからのカウンターとかで、相手は後半にシュートをポストに当てるシーンもあり、どちらかというと大きなチャンスは相手の方がより多かったと思います。

ただ固い試合、どちらが勝ってもおかしくない、本当にディテールが勝敗を分けるような試合でした。上位にいる名古屋に対して、結果的に勝つことはできなかったのですが、勝ち点1を取れたのは大きなものだと思います」

[質疑応答]
(後半は1人を交代して始めて安定したと思うが、前半のように後ろの人数が少ない状態で、センターバックがドリブルで運ぶとか、そういう形でできた方が後ろを増やして安定させるより目指すところに近いと思ったが?)
「前半に関しては相手のボランチが出てきていたところもありましたし、そういったところで人の立ち位置とかを途中で変えたりもしました。後半に伊藤敦樹が入って、そういうところも落ち着きが出たのかなと思います。

今の質問に関してですが、少ない状況でよりアイソレーション、ではないですが、人が離れた状態でよりスペースを作るというのも、もちろんあると思います」

(非常に難しい試合になったと思うが、今後名古屋のような非常に守備の強いチームを崩すために、どういうところを改善していきたいと考えているか?)
「相手チームや他のチームのヒントになるようなことは言えないのであまり多くは話せないのですが、今までやってきたところを引き続き積み重ねてやっていくこと、その中でよりチャンスの数を増やしていけるようにすることです。こういったディフェンスの固いチーム、もしくはすごく守備的なチームに対して我々が崩せるように、そういったところの積み重ね、質、そしてそれをいろいろな選手でやれることを、我々は目指してやっていければと思います」

(リーグでは湘南ベルマーレと柏レイソルとの対戦を残しているが、この2チームとはYBCルヴァンカップで対戦しており、一通り全てのチームと対戦したことになる。これまでの戦いの中で、J1というものに対して監督が抱いたイメージや、順位を上げていくために必要な部分はどのあたりになるか?)
「シーズン最初の方は、自分たちが何をしていくかを新しく築き上げていくところがありました。今回の試合では上位のチームに対して拮抗した固い試合ができますけど、最初はなかなかそうはいかなかったところを、今は徐々にいいプレーができるようになって、そして結果もついてくるようになっています。ここまではすごく順調に進んでいっていると思います。もちろん強いチームもありましたけど、そういったチームに対して、我々が築き上げているアイデンティティーであったりスタイルであったり、そういったところをやりながら、いい試合ができています。これを後半戦でもさらに形にして、相手を上回っていけるようにしていければいいと思っています。なので後半戦に差し掛かってからは、これから相手も対策すると思いますが、それを打ち破って進めていければと思います」 ​

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • 三菱パワー
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ