MENU

トップチームトピックス

リカルド ロドリゲス監督 G大阪戦試合後会見

明治安田生命J1リーグ 第14節 ガンバ大阪戦 試合後のコメント

「今日の試合に関しては、前半はどちらかというと効率的な、ボールを奪って出ていくような展開が多くなりました。その中で点を取れたと思います。ガンバ大阪にボールを持たれて支配されてしまって、ボールを奪い返すのはなかなか簡単ではなかったです。その中でも今言ったようにディフェンスをしっかりしてボールを奪って、そこから点につなげていった、別の武器で試合をものにできたことは、また一ついい部分でもあると思います。そういうことでよりコンプリートなチームになると思いますし、ただボールを握るだけでなくて、苦しい時間でもそういうことができるのはいいことだと思います。

ただ理想を言うと、やはり我々としてはボールを握って試合を支配して進めていくことができればよかったです。でも、自分たちにとって完璧でないときでも試合に勝ちきれるところは、また一つ良い部分だったと思います」

[質疑応答]
(前回のベガルタ仙台戦から一週間空き、柴戸 海選手と田中達也選手がスタメンに入った。田中達也選手は久しぶりのリーグでの先発で素晴らしいプレーを見せたが、練習などでどういうところを見て彼のスタメン起用を決めたのか?)
「田中達也に関してはそれ以前の試合、柏レイソル戦やエリートリーグなど他の試合でいいパフォーマンスを発揮できていたことがありました。それから彼の高いインテンシティ、守るときには力強く行けるところなどをいろいろ加味した上で、彼を起用しました。

柴戸 海に関しては、ディフェンスのところでより広範囲に守れる力もありますし、相手の勢いを止められる力も持っています。もちろんボールを握るところにおいても、彼の力は役に立つと思いました。前回のベガルタ仙台戦では彼はケガで出場できる状態ではなかったのですが、彼を含めてすごく重要な選手たちがいる中で、今回に関しては柴戸 海の起用を決断しました」

(2得点のキャスパー ユンカー選手、そして小泉佳穂選手を割と後半の早い時間に交代させたが、それは水曜日のYBCルヴァンカップ 横浜FC戦に勝たなくてはいけないことが頭にあったのか?)
「あらゆる面があります。まず一つに、相手にボールを持たれて、簡単に自陣まで押し込まれる形が出てきてしまっていたので、より高い位置から守れるようにする意図があって、交代をしました。もちろん次の試合のこともあれば疲労の部分のコントロールも出てきますけど、どちらかというと戦術的なところです。それから水曜日の試合、連戦でその次のヴィッセル神戸戦のことなどあらゆる面があります。どれか一つではなく、あらゆる面を考えて今回の決断になりました」

(今日は武藤雄樹選手と小泉佳穂選手の位置を入れ替えたような形だったが、この判断はアビスパ福岡戦とベガルタ仙台戦を見てのことか、それともガンバ大阪への対策という意味があってのことか?)
「これもあらゆる面があります。今回の試合では小泉佳穂のポジションを一つ前に上げてディフェンスすることが良いと思ってそういう判断をしました。武藤に関しても、左はやり慣れていないところはもちろんあるのですが、その中でもしっかりとやってくれましたし、右からのクロスに対して彼がシュートに入っていけるような立ち位置であったり、そういういろいろなところを考えながら起用をしました」

(必ずしも理想的な戦いではなかったという話だが、守備面については?)
「よりボールを持てればよかったのは事実で、そこはさらに改善すべき点だと思います。ただディフェンスのところを見れば、エリア内のディフェンスのところなどをしっかりと堅く守れたのは、これまでと比べてすごく改善した部分だと思います。それから全員がチームのために戦ってくれた、そういった一つひとつのがんばりというところは、すごく良かった部分だと思います。

G大阪も外だけではなく内側の攻撃もしっかりとできるチームなので、そういった相手に対して完璧とまではいかないにしても、しっかりと堅く守れた部分もたくさんあったと思います。先ほどお話しした通り、よりボールを握ってという試合展開が理想ですけど、それ以外を求められる場面、今回のような試合もあると思いますが、そういったときにしっかりとこうやって守れたところは、これからさらに上に上がっていくため、よりチームを完璧にする上ですごく大事だと思います」

(中2日でYBCルヴァンカップの横浜FC戦を迎える。グループステージ突破に向けて大事な試合になるが、意気込みを)
「我々は、他の結果が許されない状況です。勝たなければいけない試合なので、まずはしっかりと次の試合に勝てるために、疲労や戦術的なところ、あらゆる面を判断して試合に臨んでいければと思います。次の試合に勝つためには、今考えられる一番いい構成でいかないといけません。YBCルヴァンカップでさらに先に進んでいきたいので、ぜひ勝てればと思います」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • 三菱パワー
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ