MENU

トップチームトピックス

リカルド ロドリゲス監督 清水戦試合後会見

明治安田生命J1リーグ 第8節 清水エスパルス戦 試合後のコメント

「試合を通してうまくボールを握りながら支配できたと思います。最後の時間帯は相手にボールを握られることもありましたけど、そこまでの過程でしっかりと相手のゴール前まで行き、前半はなかなか大きなチャンスを作れてはいないのですが、その攻撃の中でセットプレーを獲得し、それをうまく生かせて前半を折り返せました。

後半に関しては、引き続き同じような入りをしていきました。先ほども言った通り、清水側も交代をしながら後ろからつなげる選手を入れ、真ん中やエウシーニョ選手のサイドを使ってきて、相手にボールを持たれるシーンが出て来ました。ただ、2点目を取ることができて、より落ち着いて試合を運ぶことができました」

[質疑応答]
(柴戸 海選手がここ2試合、1ボランチのような形でプレーしている。マイボールのときにボールに寄りすぎずいい位置を取って我慢できるようになってきたと感じるが、彼にはどのようなことを働き掛けて、どのような変化を感じているか?)
「ボールを持っているときの彼の立ち位置であったり、状況に応じて高さを変えるところであったり、そういったところはすごく成長してきている選手の一人だと思います。そういった部分だけではなく、彼のいいところは走れて戦える、広い範囲を守れる選手であることです。プラス今回で言うと、武田(英寿)、(小泉)佳穂、その3人でうまくボールを動かしながら試合を支配できたと思います」

(中3日でメンバーを変えない中でもチーム全体のインテンシティーは素晴らしかった。ボールを握ることを前提にチームを作っているだけに疲労感がないという側面もあるのか?)
「まずはしっかりと選手たちそれぞれがいいリカバリーをして回復してくれたことが一つです。それからもう一つはおっしゃる通り、我々がボールを持っているので、走らされる距離は短いのかなと思います。そういった両方の側面の影響があると思います」

(2点目のシーンは途中出場の選手が5人絡んだが、途中出場の選手が結果を出したことについては?)
「こういう勝利は常に、チームの勝利だと思っています。途中から入ってきた選手であったり、選手たち全員のプレー、がんばりがあっての勝利なので、その意味ではすごくいい試合をしたと思っています。それから杉本健勇に関しても、なかなか今までチャンスがあってもゴールに入らないところではありましたが、今日はあまり長い時間ではなかったですが、その中の一つのチャンスをしっかりと決めてくれましたので、杉本健勇のゴールも本当にうれしく思います」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • 三菱パワー
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ