MENU

トップチームトピックス

大槻 毅監督 神戸戦試合後会見

明治安田生命J1リーグ 第31節 ヴィッセル神戸戦 試合後のコメント

「アウェイがずっと続いた中、前節にああいうゲームをした後で、非常に難しいゲームでした。相手がホーム最終戦というのが2試合続いて、そういうところのシチュエーション、我々の状況も含めて、難しいゲームを選手のがんばりによってものにできました。非常にありがたいです」

[質疑応答]
(前半はビルドアップやボランチの立ち位置をずいぶん調整していたと思うが、後半にレオナルド選手を入れ、早めに前にボールを入れて後ろでつなぐリスクを少し避けた部分があったのか?)
「そんなことはありません。後ろの立ち位置の変更は前半の飲水タイムのときに少し言っています。ハーフタイムにもそこは言っていて、レオナルドが入ったから後ろのビルドアップを省くということではなく、ボールを奪った瞬間、トップを見てもう少し1本目のところはつなぎましょう、という話はしました。その兼ね合いだと思います」

(前節、ああいう結果の後の連戦ということで、選手への意識づけや声かけなど、特別なことはあったのか?)
「一つは土曜日の試合が終わって、今日横浜F・マリノスと戦うなら、いろいろなことを反省していろいろなことをやらないといけませんが、次の試合は横浜F・マリノス戦ではなく、ヴィッセル神戸戦だ、ということです。もう一つは、違うチームとの試合に持って行けるものは我々だけ、我々がやることしか持って行けないというところです。我々のやることをきちんと整理して臨む、というところを一番に考えて選手とも話をしました。とは言っても、ああいうゲームをした後のメンタルコントロールであったり、そういったところについては『切り替えろ』と言ってもバチッとスイッチを切り替えられるようなものではありません。選手たちはそういった面も含めて、この何日間か、そして試合中も含めて、非常にトライしてくれました。

ピッチ状況のことで言うと、ここはすごくいいピッチなのですが、昨シーズンもここに来て、最初は慣れるのに非常に苦労しました。そういうところも含めて、前半から、特に飲水タイムくらいまでは我々も慎重に入った部分がありましたけど、そういったいろいろな要素を彼らがしっかりとコントロールしてゲームに入ってくれて、ゲームを進めてくれました。前半は最初の飲水タイムのところまでは相手のゴール前までボールを運べないことが多かったですし、そこからカウンターを食らうような形もありましたけど、それも含めて想定内で、選手が力強く表現してくれたことを、本当にありがたいと思っています」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ