MENU

トップチームトピックス

大槻 毅監督 大分戦試合後会見

明治安田生命J1リーグ 第13節 大分トリニータ戦 試合後のコメント

「このところ堅い守備だった大分さんから、点を取れたことがうれしいですし、先に点を取られたけれども逆転できたことは良かったと思っています。それと、もう1つは開始から、うまくいかないことが何回かありましたが、前線から守備をしようというところ、スイッチを入れようとするところにチャレンジもしました。そこを選手がやってくれました。その分、少し最後の方で疲弊しましたが、そういったところが良かったと思います」

[質疑応答]
(橋岡大樹選手が2点目のゴールを決めた後、チームのパススピードが上がって、すごくパスがつながるような時間帯があったと思う。ああいうギアチェンジみたいなものが、テンションが上がったタイミングではなく、平時から自在にできた方がなおいいのではないかと思うが?)
「そういった面はあると思います。失点のところで少しスライドのミスみたいなものがあったので、あそこでうまくいかない入りだった、というのが1つでした。その後、メンタル的なもので楽になったのもあると思いますが、自然に話していて、距離感とか立ち位置とかの確認が取れて、少し楽になった部分もあったのかなと思います。

後は(興梠)慎三とレオ(レオナルド)のところが良くなって、(橋岡)大樹がどうかだけじゃなく、(長澤)和輝とタカ(関根貴大)の位置取りとかがスムーズになったかな、と見ていました」

(前半の戦いもそうだが、後半にリードしている状況でよく戦ったと思う。選手交代を使う中で、基本的に今年はFWで起用するという武藤雄樹選手が右サイドでプレーしたり、本来右サイドでプレーすることが多い岩武克弥選手が左サイドバックでプレーしたりと、過去にもあったことだとは思うが、そういう選手起用の幅みたいなものが、今後につながることもあるのでは?)
「岩武に関しては、左右両方で常にトレーニングしていますから、あそこに入ったことは、彼にとっては別に驚きではなかったと思います。武藤に関しても、FWで使っていますが、トレーニングの中ではあのポジションをやっています。ですから不測の事態ではないですけど、そういうものに準備するようなこともやっています。あまりない方がいいですけどね。トミー(トーマス)が交代するとかはない方がいいかなと思います。

ただ、今日のところでいうと、最後に押し込まれて中盤が空いたところで、(杉本)健勇が中盤の役割をやって、しっかり穴埋めをしてくれていました。本来彼は前でプレーする選手ですが、そういったチームの要求に応えてくれたことは、こちらとしては非常にありがたいと思っています」

(途中から立ち位置が良くなってきたということだが、失点のところはスライドの遅れの他に、どういった反省点があるか?)
「立ち位置の話は攻撃の話でした。ビルドアップのときの立ち位置の話を先ほどはしました。守備のところ、失点のところに関しては、(橋岡)大樹が出るべきだったと思っていますけど、中ではたぶん『出てほしくない』というコーチングが入って、スライドができなかったと思います。スライドしたらスライドしたなりに、そこの穴を埋めるようにはしていたんですけど、そこで後手に回ってしまいました。その後は少なくともできていたと思いますが、あの1回が失点につながったので、もったいなかったと思っています」

(最後は柴戸 海選手が下がって後ろが5枚気味になっていたと思うが、途中までは4枚で守っていって大丈夫、という感じだったか?)
「4枚ですが、サイドバックが相手の大外に出ていくので、そこでスペースができたらボランチが埋める、ということになっていました」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ