MENU

トップチームトピックス

第8節 vs 清水「レオナルドが2戦連発もドローに終わる」

8月1日、浦和レッズは埼玉スタジアムで明治安田生命J1リーグ 第8節 清水エスパルス戦に臨んだ。

レッズはレオナルドが2試合連続となるゴールを決めたものの、終盤にゴールを許して1-1で試合を終えた。

立ち上がりはポゼッション志向の清水にボールは保持されながらもじっくり構え、4試合ぶりに復帰したトーマス デンら守備陣が危なげなく対応しながら試合を進めたレッズが最初にチャンスを迎えたのは9分だった。ボールを失ってすぐに関根貴大、杉本健勇が連続して前線からプレッシャーをかけてパスコースを消すと、相手の縦パスを青木拓矢が奪ってスルーパス。関根がペナルティーエリアに抜け出したが、シュートは打ちきれなかった。

11分には縦に素早い展開から3試合ぶりの先発出場となった汰木康也が相手のチャージを受けながらもドリブルでペナルティーエリア前まで持ち込み、右に流れながら中央へグラウンダーのパス。走り込んだ杉本が放ったシュートは枠の上に外れた。

その後、一進一退の攻防を繰り広げ、攻撃陣がゴールに向かう一方、守備陣も集中を切らさない。40分にはペナルティーエリアで突破されそうになったが、槙野智章がスライディングでカバー。さらに42分にはカウンターから守備陣形が整う前にフリーでヘディングシュートを放たれるピンチを迎えたが、今度は西川周作が対応が難しい股下のボールを足を閉じてセーブ。守備陣の活躍がチームを救った。

チャンスを作りつつ、耐えるべき時間帯は耐えたレッズ。すると54分にスコアを動かす。まずは関根が猛然としたプレッシャーでマイボールにすると、素早いスローインからレオナルドへ。レオナルドが杉本へ送ったパスは相手に引っ掛かったが、跳ね返ったボールをレオナルドがペナルティアークで奪い返すと、右に動いて相手をかわしながら左へシュートを放ち、ゴール。関根の献身性とレオナルドの技術力でレッズが先制に成功した。

その後も杉本や途中出場で今年リーグ初出場となった荻原拓也が積極的にゴールを狙いつつ、守備陣も高い集中力を保ちながら清水の攻撃を跳ね返していたが、86分、清水に左サイドからクロスを上げられるとヴァウドにヘディングシュートを決められた。

アディショナルタイムには、負傷から復帰して昨年8月に期限付き移籍から復帰して以降、公式戦初出場となった武富孝介のパスからレオナルドがシュートを放ったが、相手に当たって枠から外れた。

そして試合は1-1で終了。レッズは第8節を終えて4勝2分2敗の勝ち点14とした。

レッズの次戦は8月5日(水)19時3分からアウェイのヤンマースタジアム長居で行われるJリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第2節 セレッソ大阪戦となる。

【レオナルド】
(シュートを打つ際に打った方向と逆の方向に打つような体勢でGKの逆を突けたと思うが、ゴールシーンを振り返って)
「不運なことに最後に追いつかれてしまいましたが、良いゴールでリードする時間帯を作れたと思います。ゴールの場面はペナルティーエリアの中でしたから、狭いスペースの中で早く良い判断を下さないといけないという状況の中でそれができたと思います。幸運なことにネットを揺らすことができました」

(リーグ戦4点目となったが、J1のレベルと自分の力の関係で感じたことはあるか?)
「日本に来たばかりのときに取材で『どのカテゴリーにも良い選手がいて、サッカーは同じだ』ということを言っていました。重要なのは、どのカテゴリーにいてもしっかり自分を出すことができればリズムをつくることができるということだと思います。そしてそれを心がけています」

(それは今の時点でかなりできていると感じていることか?)
「そうですね。自分のパフォーマンスに今のところ満足しています。公式戦8試合で6得点1アシストぐらいだと思いますが、しっかり結果を残すことができていると思います」

(前節の後に「日本では夏に多くの得点を取ってきた」と話していたが、関東はちょうど今日、梅雨明けとなってこれからもっと暑くなるが、さらに得点を期待してもいいか?)
「梅雨が嫌になっていたのでやっと明けてうれしいですね。夏になる前にも点は取ってきましたが、夏が始まるので1試合で2点、3点と取っていきたいですね」

(ゴールの前のプレーでレオナルド選手が相手選手にプレスをかけたからこそゴールが生まれたと思うが、自身はどう感じているか?)
「その前のところでエヴェルトンにパスを出そうとしてそれがミスになりましたが、そのまま自分の勢いを落とさずプレスをかけることによって、スローインを関根選手が入れ、僕が(杉本)健勇選手と絡むことによって生まれたゴールだと思います。これからも前でのトライ、そして失ったらそのままプレスをかけるということは続けていきたいと思います」

(これからもたくさんゴールを取れそうだが?)
「今のところ(リーグで)4点取っていますので、宣言どおりにするためにあと19点取りたいと思います」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】







PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ