MENU

トップチームトピックス

大槻 毅監督 清水戦試合後会見

明治安田生命J1リーグ 第8節 清水エスパルス戦 試合後のコメント

「前半はなかなかスイッチが入らないような形がありましたけど、後半は少し動きはじめて、先に点を取れたので、そのままもう一つ取れて終われればよかったのですが、そううまくはいきませんでした。リスタートの流れから失点をしたところは非常にもったいなかったです。

1失点はしましたが、2点目を取れなかったことが、もう一つやりきれなかったかな、という思いを持っています。しかしそこから崩れず、最後もガクッとしたところを見せずに、もう一つ取り返そうというところを出してくれたので、また次につなげたいと思います」

[質疑応答]
(後半から柴戸 海選手が入って劇的に変化したように感じたが、彼がチーム内で発揮している存在感や、大槻監督から見て伸びているところなどについては?)
「今日はハーフタイムに青木(拓矢)と変えましたけど、早い時間にイエローカードをもらってしまっていたので、中盤でアグレッシブに守備をするようなところがほしかったので彼を途中から使いました。しっかりと戦術的なタスクもこなしてくれましたし、局面でのボール奪取や、なおかつボールが入る前のポジショニングの修正も含めて、いい仕事をしてくれたと思っています。また攻撃面でも成長が見られますし、さらに成長してほしいと思っています」

(前半は押し込まれてしまい、特にサイドをやられていたように見えたが、後半に向けての修正としてどのような指示をしたのか?)
「中盤のところで少し守備の立ち位置を変えて、相手のストロングのところへの対処の仕方を少し定義しました。食いつかせてボールを動かしてきて、食いついたギャップにボールを流し込んでくるようなところがあったので、そこの判断のところをもう少ししっかりしましょう、ということです。出どころに先に行くとギャップができてしまうので、タイミングだとか、そういったものを少し整理しようというところでした」

(引き分けという結果はいろいろな捉え方ができると思うが、ピッチ内ではポジティブな面もたくさん見られたと思うが?)
「やはり、ホームで勝ち点3を目指してやってきましたので、結果的に勝ち点1ですから、そこを跳ね返すパワーを持って、また次に向かわなければいけないと思っています」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ