MENU

クラブインフォメーション

スポーツ仲裁裁判所(CAS)判決について

いつも浦和レッズをサポートいただきありがとうございます。

明治安田生命J1リーグ第18節 浦和レッズ vs 湘南ベルマーレにおけるエントリー手続不備に関するスポーツ仲裁裁判所(CAS)の仲裁判断が11月19日に下されましたので、ご報告申しあげます。

CASは、懲罰規程では「0-3の没収試合」の懲罰を争えるのは勝利したチームに限られるため、2-3で負けていた浦和レッズはJリーグの懲罰を争うことができないという理由で、没収試合が妥当かどうかなどの問題に踏み込まず、申立てを認めませんでした。

残念な結果となりましたが、浦和レッズとしましてはCASの仲裁判断を尊重し、懲罰を受け入れることとします。

本件に関するみなさまからの温かいご支援、誠にありがとうございました。
今シーズン、残りのリーグ戦3試合、そして天皇杯を全力で闘ってまいります。みなさまのサポートを引き続きよろしくお願い申しあげます。

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • 三菱パワー
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ