MENU

クラブインフォメーション

『浦和レッズ洗える布マスク』売上から医療物資を購入し埼玉県に贈呈 ~贈呈式に立花代表が出席~

新型コロナウイルスの新規感染者が再び増加傾向にあるなか、日夜、ウイルスと闘ってくださっている医療従事者の方々を始めとした関係者のみなさまに、敬意と感謝を表します。

『看護の日』である5月12日に販売されたオリジナルマスク『浦和レッズ洗える布マスク』の売上から諸経費(商品原価、消費税、オンラインショップ運営費用)を除いた金額(一枚あたり約300円)により、SPORTS FOR PEACE!プロジェクトで提携する国連の友Asia-Pacificの協力を得て医療物資を手配し、埼玉県へ贈呈いたしました。
ファン・サポーターのみなさまに数多く『浦和レッズ洗える布マスク』をご購入いただいたことが、贈呈につながりましたこと、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

また、今回の贈呈にあわせ、浦和レッズのトップパートナーである三菱自動車工業株式会社からも、自社で製造するフェイスシールドが提供され、浦和レッズよりお届けいたしました。

埼玉県への医療物資贈呈にあたり、7日、埼玉県庁の病院局事務所にて贈呈式が行われ、浦和レッズから立花洋一代表取締役社長が、国連の友Asia-Pacific理事の金森孝裕様とともに出席しました。

贈呈式では立花代表から埼玉県病院事業管理者の岩中 督様へ目録が贈呈され、岩中様からは「埼玉県立病院で働く医療職のために多くの医療物資をご寄贈いただき、心より感謝申し上げます。浦和レッズ様とサポーターのみなさまからのご支援は医療現場で日々奮闘するスタッフにとって励みになります」という感謝状が授与されました。

また、贈呈式の後に和やかな雰囲気で行われた会談ではマスクが完売になったことも報告され、立花代表から「我々だけではなくファン・サポーターのみなさまの思いが伝わる今回の寄贈となりました」と伝えられました。

今回贈呈した医療物資は、埼玉県から県立病院など必要とされる医療機関へ届けられます。

<寄贈する医療物資>
防護服(1,500着)
サージカルマスク(20,000枚)
ニトリルグローブ(20,000枚)
不織布キャップ(20,000枚)
プラスチックガウン(1,000枚)
フェイスシールド(1,000枚) ※三菱自動車工業(株)よりご提供

<活用される県立病院>
循環器・呼吸器病センター
がんセンター
精神医療センター
小児医療センター



PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ