MENU

NEWS

『浦和レッズアカデミーサッカースクール』の開校および参加者一次募集について

2019年の発足から6年目を迎えた「浦和レッズサッカー塾」が、2024年4月から新たに『浦和レッズアカデミーサッカースクール』へと名称を改め、再スタートをいたします。

これまで浦和レッズサッカー塾では、基礎技術の習得と基礎運動能力の向上を軸とした指導を、大原サッカー場で実施してまいりました。これらの活動は、「トップチーム、世界で活躍する選手の輩出」、「サッカーを通じた豊かな人づくり、人間形成」というパーパスに沿ったものであり、その実現のためにクラブ、コーチングスタッフ一同全力で取り組んできた一方で、物理的な活動範囲の狭さや限られた指導法では、サッカーを楽しみたい方々や、プロ選手になることを本気で目指したい方々など、お子様やその保護者様の幅広いご要望に対して十分にお応えできているとは言えない実情もございました。
こうした課題を踏まえ、『浦和レッズアカデミーサッカースクール』では、主に下記5項目に注力してまいります。

【主要注力項目1】
現サッカー塾の「トップチーム、世界で活躍する選手の輩出」、「サッカーを通じた豊かな人づくり、人間形成」というパーパスを継承しつつ、浦和レッズアカデミーの指導法(ダイヤモンドメソッド)を中心に、浦和レッズハートフルクラブの指導法である「ハートフルマインド」等、浦和レッズがこれまで培ってきた各種指導法を駆使したトレーニングを行ってまいります。

【主要注力項目2】
指導陣には、浦和レッズOBである名取 篤や、浦和レッズアカデミーコーチ出身の岩﨑芳和など、経験豊かな指導者を加え、これまで以上に質の高い指導を行ってまいります。

【主要注力項目3】
ご参加者のスキルに応じた、「ベーシックコース」、「アドバンスコース」、「スペシャルコース」という3つのコースを設け、ご参加者の現状やご要望に可能な限り合わせた環境の提供を目指してまいります。

【主要注力項目4】
ご参加者の対象年齢を、これまでの小学生以上に加え、年中・年長年代にも拡大し、より幅広い年齢のお子様に対する適正な指導環境を提供いたします。

【主要注力項目5】
活動場所を、これまでの大原サッカー場に加え、さいたま市(与野、レッズランド)、熊谷市、越谷市、狭山市にも拡大することで、より多くのお子様が無理なく参加できる環境を提供いたします。

浦和レッズというクラブは、これまで埼玉サッカー110年の歴史と伝統を育み、そして継承してこられた先人と、パートナー、ホームタウン、そしてファン・サポーターのみなさまのおかげで、「サッカーのまち 浦和」の一員として存在することができています。
そうしたみなさまのおもいを正しく理解し、共に健康で豊かな社会の実現を目指してまいりたいと考えております。

そして将来的には、浦和レッズ ハートフルクラブによる「浦和レッズ ハートフルスクール」や本アカデミーサッカースクールをきっかけにスポーツやサッカーの素晴らしさに触れたお子様の中から、浦和レッズ、もしくは浦和レッズレディースの選手として日本、アジア、そして世界で活躍する「おらが町の選手」を輩出することは、「サッカーのまち 浦和」のみなさまへの恩返しの一つの形であり、ぜひ実現したいと考えております。

また最後になりましたが、これまで「浦和レッズサッカー塾」の運営にご理解、ご協力を賜りましたみなさま、そしてご参加くださいました塾生および保護者様に心より御礼申し上げます。
『浦和レッズアカデミーサッカースクール』への移行に伴い、ご不便をお掛けしてしまうこともあろうかと存じますが、何卒引き続きのご理解とご協力をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

■スクール生の募集について
新たにスタートを切る『浦和レッズアカデミーサッカースクール』は、2月6日(火)から、スクール生の第1次募集を開始いたします。
アカデミーサッカースクールのページをご確認いただきお申し込みください。

【アカデミースクールページ】
https://www.urawa-reds.co.jp/team/school.php

浦和レッズアカデミースクールは、健康で豊かな社会づくりと、サッカー(スポーツ)を通じた子どもたち夢の実現に向けて邁進してまいります。
多くのみなさまのご参加を心よりお待ちしております。

浦和レッドダイヤモンズ

関連記事

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • チケットぴあ