MENU

クラブインフォメーション

2020年10月31日(土) 大分トリニータ戦におけるJリーグからの懲罰について

2020年10月31日(土)に昭和電工ドーム大分にて開催された、2020明治安田生命J1リーグ第25節 大分トリニータ戦において発生しましたトラブルについて、Jリーグをはじめ、サッカー界に関わる全ての方々に対し、ご迷惑とご心配をお掛けしたこと、深くお詫び申しあげます。本件につきまして、以下の通りJリーグからの懲罰内容および再発防止策を含めた今後の対応について報告いたします。

1.懲罰内容
・けん責
・罰金300万円

2.対象事案
2020年10月31日(土)に昭和電工ドーム大分にて開催された、2020明治安田生命J1リーグ第25節大分トリニータ戦において、浦和サポーターが以下の行為を行った。
(1)試合開始直前の14時頃から終了する16時頃まで、全席指定席であったが、40人程度がスタジアム上段席に移動し、立ち見で応援した。
(2)同じく14時頃から16時頃まで、声を出したり、指笛を鳴らしたりした。
(3)14時頃、サポーターの1人がフェンスに上った。
(4)14時頃、サポーターの1人がスタジアムの中からフェンスの外に向かってペットボトルのようなものを投げた。

3.懲罰理由(Jリーグ発表)
(1)浦和は、Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン(以下「ガイドライン」)を遵守する義務、ホームクラブの義務履行への協力義務、試合の前後・試合中においてビジタークラブのサポーターに秩序ある適切な態度を保持させる義務を負っている。
(2)本件行為により、浦和はガイドラインを遵守できず、かつ、特にコロナ禍で憂慮されている感染リスクという観点からも、観客の秩序ある適切な態度を保持できなかった。浦和は、自ら観客の秩序を保持させるだけでなく、大分が観客の秩序保持義務を果たせるよう、浦和サポーターに対して大分観戦ルールを徹底させる措置を講じるべきであった。また、浦和サポーターがスタジアムの外で太鼓を叩き始めた際、浦和の運営担当者は途中で太鼓をやめるように伝えているものの、大分の運営担当者が対応している間、積極的にサポーターをなだめるような行為をしていない。
さらに、ホームクラブが定めるルールに従って試合の円滑な運営に努めるべきところ、リモート応援、もしくはビジターでの太鼓の使用許可について、浦和の運営担当者は大分の運営担当者に事前に行っておくべき相談をその場で持ち出している。
(3)浦和サポーターのガイドライン違反は、有観客試合の開始ごろから散見されており、浦和のホームゲームにおいて措置を講じきれなかったことが、本件行為につながってしまったともいえる。したがって、浦和の行為は、Jリーグ規約第3条の2、Jリーグ規約第51条第2項第1号及びJリーグ規約第51条第2項第2号の趣旨に反するといえる。

4.再発防止策
昨季の有観客試合の開始からホームゲームを含め、プロトコル違反が発生していました。
サポーターのみなさんへの啓発やコミュニケーションを行ってまいりましたが、大分戦をはじめ、浦和レッズの運営として対応ができておらず、このような懲罰となりました。ルール違反に対して厳しい対応をする覚悟で臨むと宣言していたにも関わらず、それが実行できていなかったことに対し重く受け止めています。
浦和レッズとして固い決意を持って、以下の通り、取り組んでまいります。

(1)事前周知
・オフィシャルサイトやSNS等を通じた情報発信の継続
・必要に応じてサポーターグループごとのコミュニケーションを図る
(2)試合当日
・運営スタッフおよび警備員の増員
・スタジアムにおけるルールの明示および注意喚起の増量
・注意しても従わない場合は、即時退場

なお、上記の対策を通じても違反行為が繰り返される場合、更に厳しい懲罰を受ける可能性があります。
そのような事態とならぬようスタジアムでの対応を徹底してまいります。

5.当該サポーターへの対応
本件はサポーターの行為が対象事案となっていますが、それに対しクラブが適切に対応できなかったことが最大の問題となっております。当該サポーターには、再度注意喚起を図るとともに今後は違反者に対し、厳しい対応を講じてまいります。

【立花洋一代表コメント】
「Jリーグをはじめ、関係するみなさま、そしてサッカーに関わるすべての方々に対し、度重なる違反行為について適切に対処できなかったことを深くお詫び申し上げます。新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン遵守を徹底できなかったことの責任は重大であり、今後も繰り返された場合にはクラブとして毅然とした対応を行ってまいります」

6.社内処分
・立花代表 役員報酬自主返納(10パーセント・3ヵ月)
・コンプライアンス担当取締役 役員報酬自主返納(5パーセント・3ヵ月)
・担当部長 厳重注意
※当時の担当本部長は2021年1月末で社外転籍しているため、処分対象外とする。

浦和レッズは、提携する国連の友アジア-パシフィックとともに国連プログラム「SPORTS FOR PEACE!」プロジェクトを推進しています。スタジアムでの「重点禁止6項目」の遵守はもとより、スタジアムのルールを順守していただくための取り組みを強化してまいります。

【浦和レッズ理念】
“浦和レッズの宣言”
浦和レッズはサッカーを初めとするスポーツの感動や喜びを伝え、スポーツが日常にある文化を育み、次世代に向けて豊かな地域・社会を創っていきます。みなさまのご理解、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

2020年10月31日(土) 大分トリニータ戦におけるJリーグからの懲罰について

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ