MENU

クラブインフォメーション

浦和レッズレディースとレッズレディースユース所属4選手が、「公益財団法人埼玉県サッカー協会 功労賞」を受賞

29日、さいたま市内のホテルで「公益財団法人埼玉県サッカー協会 功労賞表彰式」が開催され、プレナスなでしこリーグ2014で年間優勝を果たした浦和レッズレディースと、昨年のFIFA U-17女子ワールドカップ コスタリカ 2014で初優勝したU-17日本女子代表のメンバーだった浦和レッズレディースユース所属のGK松本真未子、DF南 萌華、DF遠藤 優、MF長野風花の4人が表彰を受けた。

レッズレディースからは、チームを代表して吉田 靖監督が出席し、5人はそれぞれ、埼玉県サッカー協会の横山謙三会長より、表彰状と記念品のグラスを受け取った。その後は歓談の時間となり、吉田監督と選手たちは、来賓の方々との親睦を深めていた。

平成23年度に創設されたこの賞は、埼玉県のサッカーの振興や発展に大きく貢献した人物、チームを表彰し、その努力や功績を称えるもので、表彰式は今年で5回目の開催となった。

【吉田 靖監督】
「このような素晴らしい賞をいただくことができて、本当にありがたく思っています。これからも浦和レッズレディースの活動を通して、我々の大きな目的の一つである、埼玉県の女子サッカーの発展や普及に貢献していきたいと考えています」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】


浦和レッズレディースとレッズレディースユース所属4選手が、「公益財団法人埼玉県サッカー協会 功労賞」を受賞 浦和レッズレディースとレッズレディースユース所属4選手が、「公益財団法人埼玉県サッカー協会 功労賞」を受賞 浦和レッズレディースとレッズレディースユース所属4選手が、「公益財団法人埼玉県サッカー協会 功労賞」を受賞 浦和レッズレディースとレッズレディースユース所属4選手が、「公益財団法人埼玉県サッカー協会 功労賞」を受賞 浦和レッズレディースとレッズレディースユース所属4選手が、「公益財団法人埼玉県サッカー協会 功労賞」を受賞 浦和レッズレディースとレッズレディースユース所属4選手が、「公益財団法人埼玉県サッカー協会 功労賞」を受賞

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ