MENU

クラブインフォメーション

凸版印刷株式会社様とのトップパートナー契約締結のお知らせ

このたび、浦和レッズは、凸版印刷株式会社と2022シーズンからトップパートナー契約を締結いたしましたのでお知らせいたします。
本契約により、2022シーズンの国内リーグ戦およびカップ戦のユニフォームの背中下に「TOPPAN」のロゴが掲出されます。

凸版印刷株式会社様は、1900年の創業以来「印刷テクノロジー」をベースに社会的価値創造企業を目指して「情報コミュニケーション事業分野」、「生活・産業事業分野」および「エレクトロニクス事業分野」の3分野にわたり幅広い事業活動を展開されております。

【会社概要】
凸版印刷株式会社
<代表者> 代表取締役社長 麿 秀晴
<所在地> 東京都文京区水道1丁目3番3号
<設立> 1900年
<事業内容> 「印刷テクノロジー」をベースに「情報コミュニケーション事業」、「生活・産業事業」および「エレクトロニクス事業」
<URL> https://www.toppan.co.jp/

【凸版印刷株式会社様からのコメント】
「このたびご縁があって浦和レッズ様とトップパートナー契約を締結させていただきました。浦和レッズ様の『スポーツが日常にある文化を育み、次世代に向けて豊かな地域・社会を創っていく』という理念は、凸版印刷が掲げる理念『私たちは常にお客様の信頼にこたえ、彩りの知と技をもとにこころをこめた作品を創りだし 情報・文化の担い手としてふれあい豊かなくらしに貢献します』と通じるものがあります。
これからは浦和レッズ様と凸版印刷が良きパートナーとしての共創を通じ『社会を彩り豊かにしていくこと』をともに目指し『すべてを突破』してまいります」

【浦和レッズ 立花洋一代表 コメント】
「2022シーズンより凸版印刷株式会社様に新たにご協賛いただけること、心から感謝申し上げます。 凸版印刷様には2022シーズンの国内リーグ戦、カップ戦のユニフォームの背中下にロゴを入れていただけることになりました。凸版印刷様は情報文化の担い手として、印刷というコアコンピタンスを発展させることでさまざまな事業を展開されてきました。主要生産拠点を埼玉県に置かれているというご縁があり、また日本のみならず、アジアそして世界に約150拠点を持つ企業グループ様でもあります。1900年創業と長きにわたり情報、文化の担い手として活動をされており、あらゆるノウハウをお持ちです。スポーツの分野においても、東京2020大会を始め、ラグビーワールドカップ2019大会などのご支援、各種大会、さまざまな競技団体やクラブチーム、アスリートの活動の支援を行われています。凸版印刷様が持たれるリソースやノウハウを頂きながら、弊クラブが抱える課題の解決やさらなる飛躍ができればと思います。浦和レッズとしては『すべてを突破』するための非常に強力なパートナーを得ることができたと思い、ご支援をいただくことで浦和レッズを一層力強いチームにしてまいります」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ