MENU

クラブインフォメーション

『第22回 交流サッカーフェスティバル』に、レディース選手、ハートフルクラブコーチが参加

12日、埼玉スタジアムの第3・第4グラウンドで、埼玉県障害者交流センターが主催する『埼玉県障害者交流センター30周年記念 第22回 交流サッカーフェスティバル』が開催され、レッズレディースから植村祥子、水谷有希、柳澤紗希、柴山史菜、ハートフルクラブから落合 弘キャプテンをはじめ、石黒琢也、西川優大、鈴木慎吾が参加し、15団体24チーム、約250人の参加者の方々と、サッカー・フットサルを通じて充実した時間を過ごした。

交流サッカーフェスティバルは、埼玉県内の知的障がい児・障がい者のサッカーチームに対し、日ごろの練習の成果を発揮する機会を提供すると共に、参加者同士の交流とサッカーの普及を図ることを目的に、トップチームの練習場である大原サッカー場に隣接する埼玉県障害者交流センター主催で毎年実施されている。





開会式では、主催者であり、本日の実行委員長である埼玉県障害者交流センターの飯野 正所長から『これまでたくさんの練習を積まれてきたと思います。その成果を思いっきり発揮していただくと同時に、選手同士、そしてスタッフを含めて、ここにおられます、すべての方々と交流を深めていただくことを願っております』と挨拶があった後、浦和レッズを代表して、落合キャプテンが挨拶。続いて、ハートフルクラブのコーチ、レッズレディース選手の順番で自己紹介をした。

その後、全員でダンスや準備体操を行い、レディース選手やハートフルクラブコーチたちは、第4グラウンドで行われた13分ハーフのフットサルに加わり交流を図った。



















時折、小雨の降る中で行われたが、そんな気候をものともしない白熱した試合が多く展開された。その中で、レディース選手やハートフルクラブのコーチたちも、チームのウォーミングアップに参加したり、ミーティングに参加して、参加チームのメンバーになったかのような振舞いで積極的に交流を深めていた。試合では参加者のみなさんをサポートしたり、自慢のテクニックでチャンスを作り出していた。敵味方問わず、いいプレーには『ナイスプレー』と声を掛け、ゴールを決めた際には、ハイタッチでともに喜び、惜しいプレーには一緒になって悔しがるなど、有意義な時間を共有していた。試合以外にも、会話をしたり、記念写真を撮影したり、コミュニケーションを取っていた。





閉会式では、レッズレディースの選手と、ハートフルクラブのコーチから各チームの代表者に記念品を手渡した。その後、浦和レッズを代表して、レディースの植村が挨拶。「今日はみなさんと一緒にプレーをして、一生懸命やることの大切さだったり、サッカーの楽しさを学ぶことができました。またみなさんとサッカーをしたいと思います。また、なでしこリーグが始まるので、試合会場に来てくれたらうれしいです」とメッセージを送った。



最後に、参加者全員で記念撮影が行われ、『埼玉県障害者交流センター30周年記念 第22回交流サッカーフェスティバル』は終了となった。

【鈴木慎吾】
「サッカーが上手な子、そうでない子も、とにかく一生懸命やっていたことが印象的でした。スポーツをとにかく一生懸命やることで人が輝いているように見えるので、輝いている姿はどんな人でも尊敬に値します。僕自身も今日プレ―してみて、すごく刺激をもらいましたし、力をもらいました。これから僕もどんなことでも一生懸命にやらないといけないと再認識させてもらいました。今後の励みになりました。

普段からこういったことを教えていますが、今回は、そういったことを教えなくても常に真剣に一生懸命やっている姿が、人間の本来の本質というか、スポーツをやる上での本質だと思います。プロだろうがそうじゃないだろうが、そういうところをしっかりとやらないと、人には感動を与えられない、と今日のイベントに参加して感じました。プロの方たちは、一生懸命やっていると思いますが、一生懸命の本質を間違わないように、本当にこれからもがんばってほしいと思いました。僕自身もこれからもがんばります」

【植村祥子】
「普段関わることが少ない方たちと一緒にサッカーができて、プレーする楽しさや一生懸命にプレーする大切さをすごく感じました。学ぶことが多く、とても楽しかったです。本当に『一生懸命』っていいな、と感じました。私たちも一生懸命にできないときがあったりしますが、その中で、こういった方々に、きちんとやらないと失礼なことだと感じることができ、いい勉強になりました。これは、今後に生かしていかないといけません」

【水谷有希】
「サッカーの力とサッカーに対する熱量の大切さを学ぶことができ、とても充実した時間でした。熱量があることや、本気だよ、とは聞いていましたが、実際にやってみて、こんなにもかって思うくらいのゴールに対する執着心や勝ちにこだわる姿勢というものがとても全面に出ていました。あらためてサッカーのすごさを感じました。今シーズンは、この『がむしゃらさ』をまねて、今シーズンがんばります」

【柳澤紗希】
「みなさん本当にフレンドリーな方が多く、とても溶け込みやすかったです。それに加えて、サッカーを通じてすぐに仲良くなれたので、すごく楽しかったです。

これまで、障がい者の方たちもそうですし、障がい者の方と一緒に過ごしていらしゃる健常者の方とも触れ合うことがなかったので、いろいろと話しができて、とても楽しかったです」

【柴山史菜】
「普段関わることの少ない方々と一緒にプレーすることで、がんばる大切さや、プレー一つで、人を元気にさせられるということを学びました」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

『第22回 交流サッカーフェスティバル』に、レディース選手、ハートフルクラブコーチが参加 『第22回 交流サッカーフェスティバル』に、レディース選手、ハートフルクラブコーチが参加 『第22回 交流サッカーフェスティバル』に、レディース選手、ハートフルクラブコーチが参加 『第22回 交流サッカーフェスティバル』に、レディース選手、ハートフルクラブコーチが参加 『第22回 交流サッカーフェスティバル』に、レディース選手、ハートフルクラブコーチが参加 『第22回 交流サッカーフェスティバル』に、レディース選手、ハートフルクラブコーチが参加 『第22回 交流サッカーフェスティバル』に、レディース選手、ハートフルクラブコーチが参加 『第22回 交流サッカーフェスティバル』に、レディース選手、ハートフルクラブコーチが参加 『第22回 交流サッカーフェスティバル』に、レディース選手、ハートフルクラブコーチが参加 『第22回 交流サッカーフェスティバル』に、レディース選手、ハートフルクラブコーチが参加 『第22回 交流サッカーフェスティバル』に、レディース選手、ハートフルクラブコーチが参加 『第22回 交流サッカーフェスティバル』に、レディース選手、ハートフルクラブコーチが参加 『第22回 交流サッカーフェスティバル』に、レディース選手、ハートフルクラブコーチが参加 『第22回 交流サッカーフェスティバル』に、レディース選手、ハートフルクラブコーチが参加

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ