MENU

試合速報

明治安田生命J1リーグ 第7節
2019年04月14日(日)16:03 KICK OFF

会場
パナソニックスタジアム吹田
観衆
27,870人
天候
主審
飯田淳平

更新

ガンバ大阪

ガンバ大阪

0 - 1

0

前半

0

0

後半

1

浦和レッズ

浦和レッズ

GOAL

87分 エヴェルトン

選手交代

45+2分 藤春 廣輝→米倉 恒貴 82分 武藤 雄樹→アンドリュー ナバウト
81分 今野 泰幸→髙江 麗央 83分 柏木 陽介→マルティノス
86分 倉田 秋→中村 敬斗 90+3分 山中 亮輔→鈴木 大輔

警告

21分 東口 順昭 21分 柏木 陽介
60分 倉田 秋

退場

選手

1 東口 順昭

GK

1 西川 周作

4 藤春 廣輝

5 三浦 弦太

19 金 英權

22 オ ジェソク

DF

46 森脇 良太

2 マウリシオ

5 槙野 智章

7 遠藤 保仁

8 小野瀬 康介

10 倉田 秋

15 今野 泰幸

MF

27 橋岡 大樹

16 青木 拓矢

8 エヴェルトン

10 柏木 陽介

6 山中 亮輔

9 アデミウソン

16 ファン ウィジョ

FW

9 武藤 雄樹

30 興梠 慎三

23 林 瑞輝

13 菅沼 駿哉

14 米倉 恒貴

21 矢島 慎也

25 藤本 淳吾

29 髙江 麗央

38 中村 敬斗

SUB

25 福島 春樹

3 宇賀神 友弥

4 鈴木 大輔

7 長澤 和輝

11 マルティノス

19 アンドリュー ナバウト

24 汰木 康也

スタッツ

12

シュート

10

7

GK

10

8

CK

2

9

直接FK

14

2

間接FK

4

2

オフサイド

4

0

PK

0

試合後コメント

オズワルド オリヴェイラ監督
「私たちが予想していた通りの、難しい試合になりました。両チームともお互いのことをよく知っていて、相手のプレーを消すというところができていたと思います。その中でも、レッズは後半に入ってから、ゲームをコントロールできるようになったと思いますし、流れをつくることができたと思います。そして相手のペナルティーエリアに進入する回数を増やすことによって、ゴールを決める確率を高めていきました。

得点も、いい時間帯に取ることができたと思います。相手がそれに反撃する時間があまりない、という時間帯でした」

相手チームコメント

宮本恒靖監督
(非常に強度の高い試合で、1点を先に取っていれば、という展開だったと思うが、1点が入らなかった試合をどう考えているか?)
「相手も人数をかけてゴール前を固めている中で、最後の崩しの一工夫であったり、質の部分が足りなかったと思います」

(髙江選手を入れたのは、攻撃面で点を取るため、というところだったのか?)
「どちらかというと、全体的に少し間延びしてきていましたし、そこでのこぼれ球を拾う部分であったり、もちろん攻めに転じたときに、(髙江)麗央の運動量であったり、ゴール前に入っていく、ミドルシュートということも考えた中での選手交代でした。アイツ自身の最近のパフォーマンスもいいので、そういった勢いもチームには必要だというところで起用しました」

(今日のディフェンスラインで、三浦選手を真ん中に持って来ていたが?)
「ルヴァンカップからあの4人で組んでいった中で、バランスであったり、守備だけではなく攻撃にいく、我々は攻撃をするチームだというところを選手と再確認した中で、今日に関してもゲームを進めました。そういうところで、サイドバックが行かないといけない、攻めることによって厚みを出すというところは、守備というよりもできた部分があると思っています。もう少し深いところまで行けたらいいと思いますけど、途中(三浦)弦太を右に、というところで、川崎フロンターレ戦、ルヴァンカップの松本山雅FC戦といったところも、ある程度形はありましたけど、本来自分たちは攻めるチームだというところをもう一回やっていきたいと思います」

(今日は2トップがアデミウソン選手とファン ウィジョ選手という中で、ファン ウィジョ選手が落ちてきて絡むシーンが多く、アデミウソン選手が前で仕事をする場面が多かったが、それはアデミウソン選手が少し疲れているなどを考慮したのか、対浦和を見据えての監督の指示だったのか? もう1点、藤春選手の負傷交代で、機能していた倉田選手と藤春選手の左サイドが、後半はなかなか攻めで絡めなかったのが大きかったのでは?)
「左サイドの攻めの部分ですけど、確かに、そこに3人目のヤット(遠藤選手)であったりアデ(アデミウソン選手)が関わってくると崩しがあるのは、自分たちの強みだと思っているので、ハル(藤春選手)が欠けたということは大きなマイナスにはなりました。ただ、(オ)ジェソクも、入った米倉も、それぞれの仕事はこなしていたというふうに思います。

(ファン)ウィジョに関しては、前半の途中までは少し、ウィジョもボールがほしいというところで、彼自身の判断で降りてきた部分があると思います。そこは前半の途中から、もう少し我慢するようにという話はしていました」

(ダブルボランチで今野選手と遠藤選手を起用した狙いと、実際の試合展開での内容については?)
「今ちゃん(今野選手)も、今シーズンはまだ足首の調子が100パーセントでなかったり、いろいろと話をしている中で、行けるという答えが返ってくることがなかったり、ということもあり、ヤン(高選手)であったり、矢島というところを起用しながら今シーズンを戦っているんですけど、前回のルヴァンカップでしっかりとしたパフォーマンスを90分間今ちゃんが見せましたし、そういったところのコンディション面で問題ないというところで、今日はヤットと組んでもらいました。そしてレッズという相手に対して、彼の持つコンビネーションであったり経験というもので、中盤をうまく支配できたらいいというところで起用しました。

そこがうまく出たところもあったと思いますし、もちろん相手が少し攻勢に出てくる中で、受けに回るような後半の時間帯もありましたけど、そこのポジションに関しては今にはじまったことではなくて、ガンバがここ数年抱える、どうしていくんだという部分だと思うので、それはもちろん彼らが万全でパフォーマンスがいい状態であれば起用していきたい部分ではありますけど、いろいろなことも加味しながらやっていかなければいけないと思います」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ