MENU

試合速報

2011Jリーグヤマザキナビスコカップ 決勝
2011年10月29日(土)13:10 KICK OFF

会場
国立競技場
観衆
46,599人
天候
主審
東城 穣

更新

浦和レッズ

浦和レッズ

0 - 1

0

前半

0

0

後半

0

鹿島アントラーズ

鹿島アントラーズ

GOAL

105分 大迫 勇也

選手交代

76分 梅崎 司→高橋 峻希 63分 遠藤 康→田代 有三
延前開始 鈴木 啓太→小島 秀仁 76分 アレックス→フェリペ ガブリエル
107分 山田 暢久→坪井 慶介 延前開始 小笠原 満男→増田 誓志

警告

12分 梅崎 司 31分 アレックス
47分 山田 直輝 43分 青木 剛
50分 山田 直輝 80分 青木 剛
99分 高橋 峻希 120+1分 曽ヶ端 準

退場

50分 山田 直輝 80分 青木 剛

選手

18 加藤 順大

GK

21 曽ヶ端 準

6 山田 暢久

26 濱田 水輝

17 永田 充

14 平川 忠亮

DF

7 新井場 徹

15 青木 剛

6 中田 浩二

5 アレックス

13 鈴木 啓太

7 梅崎 司

22 山田 直輝

8 柏木 陽介

24 原口 元気

MF

20 柴崎 岳

40 小笠原 満男

8 野沢 拓也

25 遠藤 康

15 エスクデロ セルヒオ

FW

9 大迫 勇也

13 興梠 慎三

1 山岸 範宏

2 坪井 慶介

4 スピラノビッチ

28 岡本 拓也

5 高橋 峻希

27 小島 秀仁

31 デスポトビッチ

SUB

1 杉山 哲

22 西 大伍

23 昌子 源

10 本山 雅志

11 フェリペ ガブリエル

14 増田 誓志

30 田代 有三

スタッツ

12

シュート

19

26

GK

9

1

CK

7

16

直接FK

19

2

間接FK

0

2

オフサイド

0

0

PK

0

試合後コメント

堀 孝史監督
「決勝でアントラーズさんと戦うことで、本当に選手たちと一緒に挑戦するつもりでゲームに臨みましたが、やはりアントラーズさんが試合運びで一枚上だなと感じました。優勝したことに、おめでとうございますと言いたいです。
それと、ペトロヴィッチ前監督と、今いる選手たちで決勝に駒を進めてきましたが、急遽、決勝だけ僕が指揮を執るということになり、ペトロヴィッチ前監督に敬意を表したいと思います。逆に僕が駄目な結果に終わってしまったことを申し訳ないと思うところもあります。
ただ、1人退場者が出たりとか、難しいゲームでしたが選手たちはよく戦ってくれたと思います。このあとリーグが続いていくので、気持ちを切り替えて、次のこの後の目標に向けてがんばっていきたいと思います」

相手チームコメント

オズワルド オリヴェイラ監督
「この5年間の中で、ふだん、僕はやらないことですが、いくつか話をしたいと思いますので、みなさんの質問の前に僕から話をさせていただきたいと思います。
まずアントラーズの選手たちにおめでとうと言いたいと思います。一つは、いろいろなことがシーズンの中に起きていて、なかなか自分たちが期待している結果にならない中でも、持続して自分たちのやるべきことをやってきた中で、こういったタイトルを手にすることができたということは、彼らがずっと規律とかいろいろな規則をはめられている中で、おそらく、ストレスがあったと思いますが、それを忠実に守り続けて取り組み続けたということが、こうやってタイトルという形で評価されて良かったのではないかと思います。
二つ目には、レッズの監督、選手を称えたいなと思います。特に堀監督は、就任間もない時期にこうやって決勝の舞台にチームを立て直さなければいけないというところで、今日の120分を見れば、どれくらいすごいことをやっているのかということをみなさんも実感することができたんではないかと思います。彼がこの数日間の中で、立て直すことができたっていうことは、将来も有望で、今後も伸びていって欲しい監督であることを僕は実感しましたし、また、レッズの選手がいろんな勝負をするにあたって、良いやり方と悪いやり方があると思いますが、良いやり方で、高いフェアプレー精神を持って、挑んでくれたということ、またその戦いを120分、続けたということは、このレッズというクラブの将来のおもしろみ、あるいは期待を増すような内容になったんではないかと僕は思います。
ですから、レッズのサポーターのみなさんも、本当に今後、チームに期待してもいいのではないかと思っています。監督と、選手に期待してもいいのではないかと僕は思っています。この決勝にたどり着くまでの、道のりは非常に厳しかったですし、まずマリノス戦は悪天候の中での戦い、また立ち上がり2失点をしてしまってからの逆転をしなくてはいけない試合というのを選手たちが戦い続けた、そこで120分の戦いをやりました。その次に、名古屋グランパスとはアウェイの戦いで、これも湿度の高さというものがあって、それが運動量的な部分でも影響してしまって、苦しい試合展開になってしまって、120分の戦いになってしまったと。内容からして、今日も最終的に120分の戦いになりましたけど、内容を今日、F・マリノス戦、グランパス戦と見てもらった人がいるのであれば、それほど相手に主導権を握られてというわけではなく、逆に自分たちが主導権を握りながら、チャンスを作りながらものにできず、苦しい試合展開をしてしまったという部分があって、自分たちで苦しい状況というか、厳しい状況に持っていったのではないかと思います。
ただ、最後にこの120分を制することができるチームに、この3試合の中で見せることができたと思いますし、これは逆に僕はJリーグに提案があって、120分の試合にリーグを変えることができないかなと。120分だったら、おそらく決着がつけられるチームになるだろうと思いますので、120分の試合を来年からやってもらえないかなと思います。大半のみなさんがずっと見続けているかは分かりませんが、残念ながら今シーズン、90分の中でこうやって主導権を握って、チャンスを作り、なかなか勝てず、引き分けてしまうという試合が多いので、120分だったら決着がつけられるということが分かったので、来シーズンからJリーグにおもしろみをもたらすために120分の試合でどうですかっていう提案をみなさんからしてもらえればと思います」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ