MENU

試合速報

2011Jリーグ ディビジョン1 第28節
2011年10月02日(日)17:04 KICK OFF

会場
万博記念競技場
観衆
20,053人
天候
主審
西村 雄一

更新

ガンバ大阪

ガンバ大阪

1 - 0

1

前半

0

0

後半

0

浦和レッズ

浦和レッズ

28分 イ グノ

GOAL

選手交代

71分 加地 亮→佐々木 勇人 HT 野田 紘史→山田 暢久
90分 ラフィーニャ→橋本 英郎 64分 小島 秀仁→梅崎 司
90+3分 二川 孝広→藤春 廣輝 76分 デスポトビッチ→原 一樹

警告

24分 宇賀神 友弥
41分 野田 紘史
75分 山田 暢久

退場

選手

1 藤ヶ谷 陽介

GK

18 加藤 順大

21 加地 亮

2 中澤 聡太

5 山口 智

6 下平 匠

DF

3 宇賀神 友弥

4 スピラノビッチ

17 永田 充

12 野田 紘史

17 明神 智和

7 遠藤 保仁

10 二川 孝広

23 武井 択也

MF

27 小島 秀仁

8 柏木 陽介

22 山田 直輝

22 イ グノ

9 ラフィーニャ

FW

10 マルシオ リシャルデス

24 原口 元気

31 デスポトビッチ

29 木村 敦志

4 高木 和道

15 藤春 廣輝

8 佐々木 勇人

27 橋本 英郎

18 川西 翔太

33 アフォンソ

SUB

1 山岸 範宏

26 濱田 水輝

6 山田 暢久

13 鈴木 啓太

7 梅崎 司

15 エスクデロ セルヒオ

21 原 一樹

スタッツ

10

シュート

9

10

GK

8

4

CK

0

17

直接FK

15

0

間接FK

4

0

オフサイド

4

0

PK

0

試合後コメント

ゼリコ ペトロヴィッチ監督
「前半を振り返って、相手にそこまで大きなチャンスを与えなかったと思います。ラフィーニャの左足のシュート、そしてもちろん失点の場面以外ではそこまで大きなチャンスというのはなかったと思います。
私たちには、カウンターで真ん中を抜けて原口元気のシュートやランコのシュート、一番大きなチャンスは山田直輝のスルーパスからランコが抜けたシ-ンがありました。そこでトラップミスがあって、100パーセントチャンスを生かし切れませんでした。そういうところは非常に残念に思います。失点の場面で、あのように簡単に縦パス1本でGKと1対1になるような状況になったのは非常に残念です。
後半になって、私たちはもちろん勝ちにいかないといけない、そういった中で、まず野田が前半でイエローカードをもらってしまって、宇賀神もイエローカードをもらって、宇賀神は次のリーグの試合で出場停止です。今、サイドバックの人員がケガで抜けていて、ここで万が一、野田がもう1枚イエローカードをもらうようなことがあれば、さらにサイドバックの人員がいなくなるということで、リスクを負わずに野田は前半で交代しました。
その中で、選手それぞれが非常に強いメンタリティーを見せて、もちろん私たちはらリスクを負って前掛かりになったので、相手にも大きなチャンスを2、3本、もしくはもっと、100パーセントのようなチャンスを与えてしまいましたが、自分たちは追いつかないといけないという戦い方をして、残念ながら同点には追いつけませんでした。
非常に残念ですが、ガンバさん相手に強いキャラクターと精神力で戦い抜いたという部分においては、この先、自分たちが必ず生き残るという気持ちが持てる試合でした。
全体を通して、9番のポジション、ストライカーのところで、能力を発揮できませんでした。ボールが収まらなかったり、攻撃の起点になれなかったところは非常に残念でした。ただし、やはりガンバはJリーグでトップを走っているチームで、すばらしいチームです。この先、ガンバに成功がもたらされることをお祈りいたします」

相手チームコメント

西野 朗監督
「前節の試合もありましたし、今日の記念試合ということもありますし、なんとしてもポイント3を成立させなきゃいけないということで、今週選手は甲府戦を振り返った中でも非常に良い準備をしていたので、間違いなく良いゲームをやれるであろうとは思ってました。
全体的にコンパクトな中で、特に守備は全体の意識を高くて良かったかなと思いますね。ただ、ポゼッションしてるだけの戦いでは難しい。相手を崩すには難しいという中で、ロングフィードを使ったりサイドチェンジを早めたり、中盤のポゼッションを高めるためにもそういうエリアや時間を自分たちで作っていく、そういう闘いもしなくてはいけない。有効にロングフィードを使いながら、イ グノ、ラフィーニャに対する早いボールの付けっていうものが少しずつ、前半は中盤でエリアを確保できるような状況になったということですね。基本的なことですが、攻守の切り替えが非常にうまく全体が連動してやれていたと思います。
後半、同じような戦い方ができれば、前半の後半から相手も出てきていたのでビハインドを狙っていく攻撃的なところが出れば、追加点が取れるというチャンスがありましたが、今日はラフィーニャが当たってなかったっていう中で苦しみましたが、安定して全体的な流れは取れていたと思います」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ