MENU

試合速報

2012Jリーグ ディビジョン1 第13節
2012年05月26日(土)19:04 KICK OFF

会場
味の素スタジアム
観衆
33,836人
天候
主審
吉田 寿光

更新

FC東京

FC東京

1 - 1

0

前半

0

1

後半

1

浦和レッズ

浦和レッズ

90+1分 森重 真人

GOAL

88分 マルシオ リシャルデス

選手交代

85分 渡邉 千真→谷澤 達也 62分 ポポ→原口 元気
90分 チャン ヒョンス→林 容平 69分 平川 忠亮→宇賀神 友弥
90+4分 梶山 陽平→加賀 健一 90分 マルシオ リシャルデス→小島 秀仁

警告

33分 チャン ヒョンス

退場

選手

20 権田 修一

GK

18 加藤 順大

30 チャン ヒョンス

2 徳永 悠平

3 森重 真人

33 椋原 健太

DF

2 坪井 慶介

17 永田 充

20 槙野 智章

4 高橋 秀人

8 長谷川 アーリアジャスール

49 ルーカス

10 梶山 陽平

18 石川 直宏

MF

14 平川 忠亮

13 鈴木 啓太

22 阿部 勇樹

7 梅崎 司

8 柏木 陽介

10 マルシオ リシャルデス

11 渡邉 千真

FW

16 ポポ

1 塩田 仁史

5 加賀 健一

14 中村 北斗

7 米本 拓司

17 河野 広貴

39 谷澤 達也

23 林 容平

SUB

1 山岸 範宏

4 スピラノビッチ

6 山田 暢久

3 宇賀神 友弥

27 小島 秀仁

24 原口 元気

21 デスポトビッチ

スタッツ

13

シュート

10

10

GK

9

6

CK

1

8

直接FK

11

3

間接FK

3

3

オフサイド

3

0

PK

0

試合後コメント

ミハイロ ペトロヴィッチ監督
「2チームがお互いに違うスタイルを持ったチーム同士の戦いだったと思います。片方のチームはショートパスを多用して、我々の自陣、30メートルくらいまでは危険なサッカーをされていました。もう片方のチームはショートパスを多用しますが、時には相手の裏のスペースをつくロングパスをする、具体的にゴールに迫っていくようなサッカーでした。
私は浦和の監督ですので、若干、浦和よりな見方をしているのかもしれませんが、今日のゲーム、我々が勝利しなければいけないゲームだったと思います。それが引き分けで終わってしまうのもサッカーだと思います。しかし、今日は非常に良いゲームをサポーターの方々も見られたのではないかと思います」

相手チームコメント

ランコ ポポヴィッチ監督
「今日は本当にすばらしい試合、面白い試合ができたと思っています。今日、日本でこのサッカーを見ていただいた人には、少なくとも喜んでいただけるような試合だったのではないかと思います。
2つのクオリティーの高い、異なるスタイルのチームがそれぞれ、力を出し合ったということ、一方のチームはカウンター、試合を壊すサッカーをする、そのカウンターの質については、非常に高いものを持っていますし、危険なカウンターを持っているチームだと思います。どれだけ試合のリズムがタフで速かったかということについては、相手の選手が、何人か足をつっていたのを見ればみなさんもわかっていただけると思いますし、彼ら、AFCチャンピオンズリーグを戦っていないチームで、フレッシュな選手がいる中、その選手が足をつるということは、どれだけ後半が速いテンポで行なわれたか、ということが分かると思います。
前半に関してはお互いに互角の試合展開だったと思います。お互いに決定機を作って、互角な試合展開を繰り広げたと思いますが、後半に関しては私たちが主導権を握って、しっかりとゲームを進められたということが言えると思います。
最後に運に助けられた部分もありましたが、私たちが勝ってもおかしくない試合内容でした。最後にこういう結果を引き寄せるにふさわしい戦いを90分間を通して、できたと思っています。
相手も後半、ポポに代えて原口を入れたということで、さらにカウンターを仕掛けるという意図を色濃く出してきたと感じましたし、その部分で、質の高いカウンターを持っていますので、私たちはいつもそこに注意を払ってプレーをしなくてはいけなかったと言えます」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ