MENU

試合速報

2013Jリーグ ディビジョン1 第26節
2013年09月21日(土)17:04 KICK OFF

会場
埼玉スタジアム
観衆
31,077人
天候
主審
村上 伸次

更新

浦和レッズ

浦和レッズ

1 - 1

0

前半

0

1

後半

1

ヴァンフォーレ甲府

ヴァンフォーレ甲府

51分 阿部 勇樹

GOAL

90+6分 青山 直晃

選手交代

HT 山田 暢久→鈴木 啓太 59分 河本 明人→羽生 直剛
84分 柏木 陽介→梅崎 司 73分 保坂 一成→水野 晃樹
88分 宇賀神 友弥→永田 充 85分 福田 健介→平本 一樹

警告

22分 那須 大亮 50分 パトリック
59分 森脇 良太

退場

選手

1 山岸 範宏

GK

1 荻 晃太

46 森脇 良太

6 山田 暢久

5 槙野 智章

DF

26 青山 直晃

4 山本 英臣

6 佐々木 翔

14 平川 忠亮

22 阿部 勇樹

4 那須 大亮

3 宇賀神 友弥

8 柏木 陽介

24 原口 元気

MF

18 柏 好文

5 マルキーニョス パラナ

30 保坂 一成

2 福田 健介

30 興梠 慎三

FW

15 河本 明人

9 ジウシーニョ

11 パトリック

18 加藤 順大

2 坪井 慶介

17 永田 充

13 鈴木 啓太

7 梅崎 司

11 関口 訓充

29 矢島 慎也

SUB

21 河田 晃兵

16 松橋 優

17 津田 琢磨

22 羽生 直剛

29 水野 晃樹

31 三幸 秀稔

25 平本 一樹

スタッツ

7

シュート

10

8

GK

7

3

CK

2

11

直接FK

15

2

間接FK

2

2

オフサイド

2

1

PK

0

試合後コメント

ミハイロ ペトロヴィッチ監督
「甲府はいい守備をしていましたし、厳しいゲームでした。甲府は広島に2-0、鹿島に3-0と上位チームに勝利しているので、厳しいゲームになることは予想していました。我々は意図する攻撃の形を準備していたのですが、残念ながらそれが思ったような形で出ませんでした。ただ、選手は非常に強い勝利の気持ちを持って戦ってくれました。なかなかいい攻撃のシーンを作れませんでしたが、相手が自陣に引いた状態で、そこを突破することは簡単なことではありません。
前半に決定的なチャンスを与えてしまいましたが、山岸がすばらしいセーブで止めてくれました。それ以外は、チャンスらしい場面は与えなかったと思います。その中で、PKから1点をリードすることができたのですが、最後に追いつかれてしまったのは非常に残念でした。しかし、我々には8試合残っていますので、リーグ優勝を争う上で痛い2ポイントのロスだと思いますが、全力で一番上を取るために戦っていきたいと思っています」

相手チームコメント

城福 浩監督
「アウェイにも関わらず山梨から来てくれたサポーターが青と赤のカラーリングで出迎えてくれて勇気づけられました。みなさんのおかげで最後まで力を抜かずにやれたと思います。ゲームに関しては、相手にポゼッションされるのは承知していましたが、ここ2、3試合でやり方を変えてきたレッズさんの戦い方を念頭に置きながら、最後でやらせないところはある程度できていたと思います。右サイドから何回か崩されましたが、天を仰ぐような決定的なシーンはなかったと思います。FKからのPKだけだったと認識しています。0-1のまま推移すれば絶対にチャンスはあると選手に言い聞かせましたし、最近はそういうメンタリティができてきたと思います。68mのピッチの横幅を使ってボールを運んで、もう少しサイドを崩したかったけれども、アタッキングサードまで攻める姿勢は見せることができたと思います。もちろんシュート数がすべてではないですが、この埼スタでレッズ相手にシュート数で上回ることは、ひとつの課題をクリアした証だと思います。最後は0-1で我慢したからこそ神様が微笑んでくれて、青山の頭にボールが飛んできたのかなと思います」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ