MENU

試合速報

2013Jリーグ ディビジョン1 第20節
2013年08月10日(土)19:04 KICK OFF

会場
豊田スタジアム
観衆
30,478人
天候
主審
飯田 淳平

更新

名古屋グランパス

名古屋グランパス

2 - 0

0

前半

0

2

後半

0

浦和レッズ

浦和レッズ

60分 玉田 圭司

64分 ケネディ

GOAL

選手交代

77分 中村 直志→ダニエル 67分 鈴木 啓太→山田 直輝
87分 玉田 圭司→矢野 貴章 73分 平川 忠亮→関口 訓充
90+3分 藤本 淳吾→田中 輝希 87分 宇賀神 友弥→マルシオ リシャルデス

警告

36分 中村 直志 53分 鈴木 啓太
57分 ケネディ 55分 槙野 智章

退場

選手

1 楢﨑 正剛

GK

18 加藤 順大

32 田中 隼磨

4 田中 マルクス闘莉王

5 増川 隆洋

6 阿部 翔平

DF

46 森脇 良太

4 那須 大亮

5 槙野 智章

8 藤本 淳吾

7 中村 直志

20 ダニルソン

10 小川 佳純

MF

14 平川 忠亮

22 阿部 勇樹

13 鈴木 啓太

3 宇賀神 友弥

8 柏木 陽介

24 原口 元気

11 玉田 圭司

16 ケネディ

FW

30 興梠 慎三

50 高木 義成

22 ダニエル

23 石櫃 洋祐

9 ヤキモフスキー

28 田口 泰士

19 矢野 貴章

35 田中 輝希

SUB

1 山岸 範宏

2 坪井 慶介

17 永田 充

34 山田 直輝

10 マルシオ リシャルデス

11 関口 訓充

19 阪野 豊史

スタッツ

5

シュート

11

14

GK

8

1

CK

2

9

直接FK

10

4

間接FK

1

4

オフサイド

1

0

PK

0

試合後コメント

ミハイロ ペトロヴィッチ監督
「今日は非常に気候が厳しい中、両チームの選手たちが非常によいゲームをしてくれたのではないかと思います。前半は非常に我々のサッカーができていたと思いますし、その中の決定機をモノにしなければいけなかったと考えています。
後半は我々のミスから失点をして、2失点目も立て続けに取られてしまいました。0-2とリードされた中、我々は攻撃的な選手を入れて、リスクを冒して攻めていきました。もしかしたら、関口のチャンスが決まっていれば、1-2でゲームの展開をわからないものにしていたかもしれません。あのチャンスも非常に崩した形で、よい攻撃だったと思っています。
負けはしましたけれど、浦和は攻撃的でよいサッカーができたと思っています。我々と対戦する相手チームは非常に守備的な戦術を採ってくることが多いですが、引き続き攻撃的なサッカーを展開していきたいと考えています。今日もチャンスは多く作れましたし、この試合で足りなかったのは、チャンスを決めることだったと思います。
前半の興梠のチャンスは非常にきれいな崩しでした。ああいったチャンスが入らないのは私自身も残念に思いました。敗れはしましたが、見に来てくれた名古屋のサポーターも楽しんでくれたのではないでしょうか。
磐田戦、我々は勝利しましたが、私は選手たちをしかりました。今日は負けましたけど、決して選手たちをしかるようなゲームではなかったと思います。足りなかったのはゴールで、我々が先に点を取っていれば結果は変わっていたと思います。大切なのは、方向性を見失わずに戦っていくことだと思います」

相手チームコメント

ストイコビッチ監督
「今日は戦術的な戦いの内容になりました。守備的な部分では、我々はブロックをしっかり作って守備をすることができました。浦和の攻撃を完璧に受けずにできました。前半はフィフティーフィフティーで、後半は我々がゲームをコントロールできたと思います。その結果が2-0という形に表れていると思います。戦術的、技術的には我々が勝っていたと思います」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ