MENU

試合速報

2013Jリーグ ディビジョン1 第9節
2013年05月29日(水)19:34 KICK OFF

会場
埼玉スタジアム
観衆
24,184人
天候
主審
高山 啓義

更新

浦和レッズ

浦和レッズ

1 - 1

0

前半

0

1

後半

1

ベガルタ仙台

ベガルタ仙台

80分 阿部 勇樹

GOAL

88分 太田 吉彰

選手交代

55分 梅崎 司→マルシオ リシャルデス 71分 菅井 直樹→田村 直也
71分 鈴木 啓太→坪井 慶介 74分 蜂須賀 孝治→和田 拓也
90分 興梠 慎三→阪野 豊史 84分 松下 年宏→ヘベルチ

警告

58分 鎌田 次郎

退場

選手

18 加藤 順大

GK

16 林 卓人

46 森脇 良太

4 那須 大亮

5 槙野 智章

DF

25 菅井 直樹

2 鎌田 次郎

5 石川 直樹

28 蜂須賀 孝治

11 関口 訓充

22 阿部 勇樹

13 鈴木 啓太

7 梅崎 司

8 柏木 陽介

24 原口 元気

MF

17 富田 晋伍

8 松下 年宏

11 太田 吉彰

10 梁 勇基

30 興梠 慎三

FW

18 ウイルソン

24 赤嶺 真吾

1 山岸 範宏

6 山田 暢久

2 坪井 慶介

27 小島 秀仁

29 矢島 慎也

10 マルシオ リシャルデス

19 阪野 豊史

SUB

1 桜井 繁

3 渡辺 広大

23 田村 直也

20 和田 拓也

15 ヘベルチ

9 中原 貴之

13 柳沢 敦

スタッツ

11

シュート

14

10

GK

11

4

CK

6

11

直接FK

7

0

間接FK

5

0

オフサイド

5

1

PK

0

試合後コメント

ミハイロ ペトロヴィッチ監督
「我々にとっても仙台にとっても、思っていたとおり厳しいゲームになりました。ただやはり中2日、仙台は中3日、その差は大きかったなと思います。仙台は守備でそれほどコンパクトにしていなかったと思いますが、我々の方が、疲れからなのか、判断のところの精度が欠けていたかなと思います。選手たちは、非常に強い気持ちを持って最後まで戦ってはくれたと思います。リードした中で最後に追いつかれたのは残念ですが、こういった厳しい状況でも1ポイントを取れたということにはよしとしたいと考えています」

相手チームコメント

手倉森 誠監督
「まず今日の対戦、ACL組対決で、そこにACLではぐくまれたタフさ、たくしましさが出る戦いになるだろうと送り出しました。攻撃が好調の浦和に対して、ゴールを守ること、3位に対してゴールを決めて勝つことを目指して、自分たちもそれくらいの力があるんだと強さを示そうと送り出して挑んだ試合でした。その中で戦術的には浦和のストロングとウイークを理解して戦おうと。浦和はカウンターからの得点が非常に多い。そこのリスクマネージメントと切り替えを伝えました。ただ、押し込んだときに、ウイングバックと3バックと間をはがすともっとラインが下がると。強気で潜り込んでいこうと。自分たちも人数を掛けてきた攻撃に対してカウンター狙いの中でポゼッションをどう使い分けるか、ミーティングをして、現場はそういう流れだったと思います。
もう少し揺さぶった中で、決定的なラストパス、大胆なクロスというところで慎重になりすぎたのかなと思います。攻勢に出ながらメンバー交代、負傷で必要になったときパワーアップした方が、という中で交代したサイドバックの選手がPKを与えてしまったのは非常に残念だったなと思います。
ただへベルチがあれだけ攻め込んでいて、足りなかったシュートをして、最後に同点に追いつけました。2試合得点がなかったうちがこれから得点できるぞと示せたシーンだったと思います。
相手を動かしたところを見れば勝ち点3を取れたゲームだったと思いますが、敵地で1を取れたというところでよしとして、残りの21戦に臨んでいきたいと思います」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ