MENU

試合速報

2014Jリーグ ディビジョン1 第24節
2014年09月20日(土)19:05 KICK OFF

会場
埼玉スタジアム
観衆
31,652人
天候
主審
佐藤 隆治

更新

浦和レッズ

浦和レッズ

3 - 1

2

前半

1

1

後半

0

柏レイソル

柏レイソル

21分 那須 大亮

28分 柏木 陽介

55分 興梠 慎三

GOAL

44分 高山 薫

選手交代

71分 李 忠成→梅崎 司 53分 ドゥドゥ→桐畑 和繁
75分 鈴木 啓太→青木 拓矢 76分 高山 薫→木村 裕
85分 柏木 陽介→山田 直輝 80分 大谷 秀和→栗澤 僚一

警告

88分 青木 拓矢 19分 菅野 孝憲
22分 増嶋 竜也
28分 ドゥドゥ
30分 エドゥアルド
51分 菅野 孝憲
83分 エドゥアルド

退場

51分 菅野 孝憲
83分 エドゥアルド

選手

21 西川 周作

GK

21 菅野 孝憲

46 森脇 良太

4 那須 大亮

5 槙野 智章

DF

2 藤田 優人

4 鈴木 大輔

5 増嶋 竜也

22 橋本 和

14 平川 忠亮

22 阿部 勇樹

13 鈴木 啓太

3 宇賀神 友弥

8 柏木 陽介

20 李 忠成

MF

20 茨田 陽生

24 エドゥアルド

7 大谷 秀和

13 高山 薫

30 興梠 慎三

FW

18 ドゥドゥ

9 工藤 壮人

18 加藤 順大

17 永田 充

16 青木 拓矢

6 山田 直輝

26 関根 貴大

11 関口 訓充

7 梅崎 司

SUB

1 桐畑 和繁

3 近藤 直也

27 キム チャンス

25 小林 祐介

26 太田 徹郎

28 栗澤 僚一

19 木村 裕

スタッツ

13

シュート

3

3

GK

9

2

CK

0

14

直接FK

13

2

間接FK

2

1

オフサイド

2

1

PK

0

試合後コメント

ミハイロ ペトロヴィッチ監督
「幸運なことに、勝利できたことをうれしく思っています。柏は常にそうだと思いますが、我々を非常によく研究してきていたと思います。柏には直近の3試合で3連敗していましたが、結果として負けていたとしても、内容を見れば私は今でも相手を上回れていたと思っています。

前半は非常に良い戦いができたと思っています。2-0でリードした以外にも、3点目、4点目が取れるチャンスがありました。そういったチャンスを決めきれない中で、相手のワンチャンスで1点をとられてしまいましたが、そうなると後半の入りは難しいものになります。

PKで3点目は入り、同時に相手が1人少なくなったことで、試合はほぼ決まったと言ってもよかったでしょう。その後もさらにもう1人退場しましたが、私としてはもう1点2点と取りたかった展開でした。3-1で勝利という結果は良かったとしても、その後で追加点を取れていないというのは日本のサッカーの問題のひとつだと思っています。

我々が2-0でリードする中でも、相手は自陣に11人が引いて守りを固めるというような展開は、私自身がこれまでサッカーをやってきた中ではほとんど見たことがありません。

2-0でリードしている中で、相手が我々に対して前から奪いに来ようとしないという展開は、我々にとっても簡単な展開ではなかったと思います。
 
みなさんが私に質問をする前に、私はみなさんに質問をしたいのですが、他のチームが我々に対してそれほどまでに恐れるほどの選手のクオリティが揃ったチームであるかということを聞いてみたいです。2-0でリードしていても相手が出て来ない、それほどまでに相手チームとのクオリティの差があると思われますか?

私も8シーズン半、日本で監督をしていますが、2-0でリードしていても相手が守備的に戦ってくるというのは、なかなか見られたものではありません。だいたいは1点、2点とリードをされると、前からボールを奪いに来ると思います」

相手チームコメント

ネルシーニョ監督
「今日のゲームは、相手の今の調子と元々持っているクオリティを考えれば非常に難しいゲームになることは覚悟して臨みました。今日のゲームプランとして大事にしたかった条件というのは、うちの中盤の4枚が相手にスペースを与えないように対応することを条件として、選手とプランニングしてきました。

前半の2失点は局面のところでやられてしまい、選手たちの中で響いてしまったと思います。中盤の4枚が少し崩れ始めて、できるだけ前でボールを取り返してやろうという気持ちが出てしまいました。そこはチームとして連動できていればいいのですが、別々に追いかけてしまい、相手が欲していたスペースを与えてしまいました。2失点目、3失点目、もう1点取られそうな勢いを相手に与えてしまいました。

前半が終わる前に1点返せたことはよかったです。1点返した内容も、つなぎながらの得点でしたので、もう一度後半にプランの確認をして、ビハインドではありますがプランを変えずにやる勇気を持ってほしいと、選手を送り出しました。しかし、また同じミスからPKを与えてしまい、退場者も出て難しい状況が重なってしまい、我々にとってひっくり返すことが難しい状況になってしまって試合が終わってしまいました」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ