MENU

試合速報

2015明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第17節
2015年11月22日(日)13:34 KICK OFF

会場
埼玉スタジアム
観衆
52,133人
天候
曇のち晴
主審
高山 啓義

更新

浦和レッズ

浦和レッズ

5 - 2

3

前半

1

2

後半

1

ヴィッセル神戸

ヴィッセル神戸

2分 武藤 雄樹

9分 李 忠成

13分 柏木 陽介

77分 青木 拓矢

84分 梅崎 司

GOAL

26分 石津 大介

65分 森岡 亮太

選手交代

59分 高木 俊幸→ズラタン 15分 北本 久仁衛→前田 凌佑
71分 武藤 雄樹→青木 拓矢 59分 藤谷 壮→奥井 諒
75分 加賀 健一→梅崎 司 63分 安田 理大→相馬 崇人

警告

6分 西川 周作 35分 藤谷 壮
87分 宇賀神 友弥

退場

選手

1 西川 周作

GK

30 徳重 健太

2 加賀 健一

17 永田 充

5 槙野 智章

DF

35 藤谷 壮

5 岩波 拓也

4 北本 久仁衛

8 高橋 祥平

31 安田 理大

24 関根 貴大

8 柏木 陽介

22 阿部 勇樹

3 宇賀神 友弥

31 高木 俊幸

19 武藤 雄樹

MF

9 石津 大介

16 チョン ウヨン

17 田中 英雄

10 森岡 亮太

20 李 忠成

FW

19 渡邉 千真

15 大谷 幸輝

33 橋本 和

7 梅崎 司

13 鈴木 啓太

14 平川 忠亮

16 青木 拓矢

21 ズラタン

SUB

28 吉丸 絢梓

3 相馬 崇人

25 奥井 諒

36 東 隼也

20 増山 朝陽

32 前田 凌佑

29 田代 容輔

スタッツ

11

シュート

6

4

GK

10

1

CK

2

16

直接FK

14

2

間接FK

0

3

オフサイド

0

0

PK

0

試合後コメント

ミハイロ ペトロヴィッチ監督
「最終節をホームで戦うというのは、これまでの結果を見れば、チームにとって苦手な試合だったと思っていました。2年前もそうですし、昨年に関しては特に、我々にとって痛い敗戦だったと思います。最終節、リーグ優勝のチャンスがある中で、72分までは名古屋をリードしていました。ガンバが徳島と0-0で引き分けていたという結果を見れば、そのままいけば、優勝できたという試合でした。最終的には1-2で敗れ、非常に悔しい、残念な結果となりました。その過去を持っての、今日の試合でした。

今日の神戸戦を試合後に評価するのであれば、ハーフタイムで分けられた前半と後半というよりは、チームの評価は3つに分けられるのではないかと思います。

立ち上がりから最初の30分は、非常にいい出来でした。選手たちは強いモチベーションを持って試合に入ってくれたと思いますし、我々のいい部分が出た30分でした。その中で、3-0でリードすることができ、それ以外にも得点になってもおかしくないシーンは作れていたと思います。

その後、1点を返されて、チームが少し不安定な状態で、ゲームが進んでしまいました。後半に入っても、自分たちのいい部分が出せないまま時間が経過していく中で、ああいう形で失点し、3-2になってしまいました。

ただ、その後の残り30分は、再び自分たちのサッカーを取り戻して戦えたと思います。そう考えれば、今日の試合では60分、自分たちのいい部分が出た戦いだったと思います。ただ、間の30分は、決していい戦いではありませんでした。

今後の戦いを考えたとき、その真ん中の部分で、自分たちの戦い、しっかりとオーガナイズした戦い方ができないようでは困ると思います。

今日のスタジアムの雰囲気は、本当にすばらしかったと思います。たくさんのサポーターが、最後まで我々のチームを後押ししてくれました。今日のゲームでは両チームを合わせて7点が入りましたが、得点以外にも、いい攻撃の形が見られた試合だったと思います。見に来てくれた方が、満足できる試合だったのではないでしょうか」

相手チームコメント

ネルシーニョ監督
「前半の立ち上がり、我々のチームが注意力を欠き、とても悪い入り方をしてしまったと思いました。一週間準備してきたことを、遂行できませんでした。

注意していた点である、我々がボールを奪った後の、相手チームの強く早い切り替えに捕まってしまうことが連続してしまい、それは選手たちの判断ミスというところが大きいと思います。狭いところでつなごうとしたところで潰され、捕まるというところで、悪い流れから決めきられ、もったいない失点を重ねてしまいました。

前半は、あのままではいけませんから、何かを変えなければというところで、前田をボランチに入れて、(チョン)ウヨンをセンターバックに下げるという対処をしました。

ハーフタイムに選手たちと話して、オーガナイズの確認をし直して、プランを伝え、彼らはしっかりと理解し、今度はいい入り方を遂行できたのですが、前半に引き続き、相手のカウンターになったときのウチの緩みが出てしまって、せっかくいい内容だったところで失点し、突き放されてしまうということを続けてしまいました。今回、浦和はカウンターに特長のあるチームだということで、準備をしてきたのですが、そこで相手のカウンターを生ませてしまう、パスミス、コントロールミス、判断ミスがありました。後は、潰せるところ、止められるところが1、2回ある中で、そこで緩めてしまって逃がしてしまうという、良くない面が出た試合でした」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ