MENU

試合速報

2015明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第6節
2015年08月12日(水)19:03 KICK OFF

会場
デンカビッグスワンスタジアム
観衆
27,447人
天候
主審
村上 伸次

更新

アルビレックス新潟

アルビレックス新潟

1 - 2

1

前半

1

0

後半

1

浦和レッズ

浦和レッズ

12分 山崎 亮平

GOAL

26分 ズラタン

76分 梅崎 司

選手交代

65分 加藤 大→佐藤 優平 66分 高木 俊幸→青木 拓矢
79分 山崎 亮平→成岡 翔 71分 ズラタン→李 忠成
88分 山本 康裕→田中 達也 88分 柏木 陽介→平川 忠亮

警告

42分 山本 康裕 30分 ズラタン
44分 山崎 亮平 41分 関根 貴大
55分 小林 裕紀 45+2分 槙野 智章

退場

選手

21 守田 達弥

GK

1 西川 周作

24 川口 尚紀

4 舞行龍ジェームズ

2 大野 和成

7 コルテース

DF

46 森脇 良太

4 那須 大亮

5 槙野 智章

25 小泉 慶

6 小林 裕紀

23 山本 康裕

13 加藤 大

MF

24 関根 貴大

8 柏木 陽介

22 阿部 勇樹

3 宇賀神 友弥

7 梅崎 司

31 高木 俊幸

11 指宿 洋史

9 山崎 亮平

FW

21 ズラタン

1 黒河 貴矢

3 大井 健太郎

5 前野 貴徳

16 佐藤 優平

18 成岡 翔

14 田中 達也

34 平松 宗

SUB

15 大谷 幸輝

17 永田 充

13 鈴木 啓太

14 平川 忠亮

16 青木 拓矢

33 橋本 和

20 李 忠成

スタッツ

10

シュート

13

10

GK

4

8

CK

5

11

直接FK

18

0

間接FK

3

0

オフサイド

3

0

PK

0

試合後コメント

ミハイロ ペトロヴィッチ監督
「両チームにとって、非常にすばらしいゲームだったと思っています。前半は新潟の方がいいゲームができていたと思いますし、後半は浦和の方がいいゲームをできたと思います。

今日のゲームに勝利できたということもありますが、お互いがしっかりと攻め合って、すばらしいゲームをしたということを、私はうれしく思っています。今日は我々が勝ちましたが、新潟が勝利していてもおかしくないゲームだったと思います。

今日は、両チームがチャンスを決めていれば、5-5、6-6、7-7というスコアになるくらい、点が入っていてもおかしくないゲームでした。今朝(日本時間)、バルセロナとセビージャの試合があり、5-4でバルセロナが勝ちましたが、非常にすばらしいゲームだったと、現地メディアでは評価されています。日本でもそういう多くのゴールが入るような、お互いが攻め合うゲームは、もっと評価されてもいいと思います。

日本では比較的、5-5というような多くの得点が生まれるゲームになると、なぜ5失点したのかにスポットが当たることが多いです。ただ、私は多くのゴールが生まれるゲームが、サッカーの醍醐味だと思います。そうしたサッカーの評価が、もっと日本でもあればいいと思っています。

今日のゲームは、3万人近いサポーターのみなさんがスタジアムに詰めかけたのではないかと思いますが、見応えのある、すばらしいゲームだったと思ってもらえていると思います。

私から、みなさんにお願いがあります。特に新潟のメディアの方々には、新潟のチーム、そして新潟の監督さんを評価してほしいと思います。新潟は今シーズン、すばらしいゲームをしています。ただ、サッカーはいいゲームをしても勝てない時期があります。我々にも、ここ最近はそういうゲームが多くありました。ただ、彼らがやっているサッカーはすばらしいと思っていますし、だからこそ、負けはしたけれども評価するという見方を持ってほしいと思っています。

私は、日本のサッカーの価値観がもっと変わっていってほしいという思いがあるからこそ、こういうコメントをしています。例えば、10人が自陣にしっかりと引いた、非常に守備的な戦いをして、たった1回のチャンスを決めて勝つと、非常にすばらしいゲームだったと評価されることが多いです。そういうサッカーを否定するわけではないですが、サッカーではお互いが攻め合うようなゲームが面白いと、私は思っています。そういうサッカーの見方が、もっとあってもいいと思います。

日本のサッカーメディアの方々は、日本のサッカー界において、非常に重要なファクターです。みなさんが書く記事を見て、サポーターのサッカーの見方が養われていきます。だからこそ、新潟のような戦いをしているチームは、たとえ結果が伴わなくても評価すべきだと思います。

両チームともすばらしい試合をできたゲームでした。もし勝利が両チームに与えられるならば、今日は両チームが3ポイントを取ったゲームだったと私は思いたいですし、できれば新潟にも3ポイントをあげたいくらいです」

相手チームコメント

柳下 正明監督
「浦和とやるとこんな感じです。チャンスはありますが、浦和の方がチャンスを生かして勝ち点3を取ることが多いです。前半の入りも良かったし、リードしてイケイケになって、自分たちのミスからカウンターで失点してしまいました。試合の内容は良かったと思いますが、ここでやられてはいけないところで、新潟の方が簡単にやられてしまいました。例えば、浦和はシュートを打たれても体に当ててブロックしたり、シュートコースを枠から外したり、そういうところが選手全員に身についています。また中3日で試合があるので、気持ちを切り替えて、チャンスを得点につなげて、勝ち点3を貪欲に取れるような強い気持ちを持っていきたいです」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ