MENU

試合速報

2015明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第16節
2015年06月20日(土)16:05 KICK OFF

会場
ノエビアスタジアム神戸
観衆
18,143人
天候
主審
飯田 淳平

更新

ヴィッセル神戸

ヴィッセル神戸

1 - 1

0

前半

1

1

後半

0

浦和レッズ

浦和レッズ

84分 渡邉 千真

GOAL

27分 梅崎 司

選手交代

60分 安田 理大→相馬 崇人 71分 柏木 陽介→青木 拓矢
60分 ペドロ ジュニオール→渡邉 千真 71分 梅崎 司→ズラタン
74分 小川 慶治朗→石津 大介 77分 興梠 慎三→橋本 和

警告

35分 チョン ウヨン 43分 宇賀神 友弥
48分 ペドロ ジュニオール 75分 宇賀神 友弥

退場

75分 宇賀神 友弥

選手

22 山本 海人

GK

1 西川 周作

34 ブエノ

14 増川 隆洋

8 高橋 祥平

DF

46 森脇 良太

4 那須 大亮

5 槙野 智章

6 高橋 峻希

10 森岡 亮太

16 チョン ウヨン

31 安田 理大

MF

24 関根 貴大

8 柏木 陽介

22 阿部 勇樹

3 宇賀神 友弥

7 梅崎 司

19 武藤 雄樹

7 ペドロ ジュニオール

18 マルキーニョス

13 小川 慶治朗

FW

30 興梠 慎三

30 徳重 健太

3 相馬 崇人

5 岩波 拓也

25 奥井 諒

24 三原 雅俊

9 石津 大介

19 渡邉 千真

SUB

15 大谷 幸輝

36 岡本 拓也

16 青木 拓矢

33 橋本 和

20 李 忠成

21 ズラタン

31 高木 俊幸

スタッツ

9

シュート

13

9

GK

12

5

CK

1

9

直接FK

23

4

間接FK

3

4

オフサイド

3

0

PK

0

試合後コメント

ミハイロ ペトロヴィッチ監督
「我々にとっては毎試合が厳しいゲームですが、やはり今日も非常に厳しいゲームでした。無敗でここまできていることもあり、どのチームも高いモチベーションで試合に臨んできます。自分たちの力を測る判断材料として、300パーセントくらいの気持ちを持って試合に臨んできます。

相手のシュートがポストとバーに当たるなどありましたが、前半を1-0でリードして折り返すことができたのは運があったと思います。後半は安定した守備からチャンスを作り出していました。特に興梠慎三選手からの得点機会は非常にいいチャンスでしたし、それが決まっていれば2-0でしたが、途中で宇賀神選手がレッドカードをもらって退場する数的不利の中で1-0という状況を戦わなければいけませんでした。今日は気温と湿度が高く、芝の状況もかなり長い状況で戦わなければいけないことは、我々にとって重くのしかかりました。

一人少ない中でも、選手たちは強い気持ちを持って戦ってくれましたし、しっかりとした守備をしながら得点を狙っていく姿勢を見せて戦ってくれました。

武藤選手もゴール前で決定機があり、残念ながらGKの正面にシュートが飛んでしまいましたが、それが入っていれば、もっと余裕を持った形で試合を終えることができたと思います。そういう中で、最後に相手に得点を許して、それを守り切る形で1-1で試合を終えましたが、もちろん監督としてこの結果に満足しているわけではありません。ただ、非常に難しい中での引き分けですので、良しとしなければいけないと思います。

私は10シーズンJリーグで戦っていますが、アディショナルタイムが6分あるのは非常に稀だと思いましたし、一人少ない中で6分を戦わなければいけなかったのは、選手たちはきつかったと思います。私は40年ほどプロサッカーの世界で生きていますが、こういった注目の集まるゲームに限ってレフェリーが主役になってしまうことはありがちです。レフェリーは試合が終わってあまり目立たなかったというのが、いいジャッジングなのではと思います。私の個人的な見方ですが、彼もベストを尽くした結果だと思いますが、今後、我々がサッカーをいいレベルに持っていくためには、彼らも一緒にベストを尽くして歩んでいく必要があると思います」

相手チームコメント

ネルシーニョ監督
「両チームともお互いにいい結果を残そうと、最初から最後まで戦いきった試合でした。前半、我々は3回のチャンスがありましたが決められず、相手チームは、はっきりとしたチャンスは1回でしたが、それを決めてきました。それを決める質が相手にはありました。

後半は、相手が1点リードした形で、引いてカウンターから、我々がボールを持つ時間が増えて、ボリュームは我々の方がありました。選手たちも最後のところで、しっかりと決めるところも決めてくれました。もしかしたら、引き分け以上という結果も起こったかもしれない内容で選手たちは戦ってくれましたが、今の浦和と対戦して、こういういいゲームができたところは評価したいです」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ