MENU

試合速報

2015明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第14節
2015年05月30日(土)19:04 KICK OFF

会場
ベストアメニティスタジアム
観衆
19,249人
天候
主審
家本 政明

更新

サガン鳥栖

サガン鳥栖

1 - 6

1

前半

0

0

後半

6

浦和レッズ

浦和レッズ

31分 水沼 宏太

GOAL

47分 武藤 雄樹

59分 柏木 陽介

63分 興梠 慎三

77分 ズラタン

84分 梅崎 司

88分 ズラタン

選手交代

50分 池田 圭→崔 誠根 69分 興梠 慎三→ズラタン
59分 水沼 宏太→白 星東 74分 関根 貴大→梅崎 司
74分 高橋 義希→鎌田 大地 76分 李 忠成→高木 俊幸

警告

18分 吉田 豊 39分 那須 大亮
22分 吉田 豊 44分 興梠 慎三
78分 藤田 直之

退場

22分 吉田 豊

選手

33 林 彰洋

GK

1 西川 周作

15 丹羽 竜平

36 菊地 直哉

29 谷口 博之

23 吉田 豊

DF

46 森脇 良太

4 那須 大亮

5 槙野 智章

8 水沼 宏太

28 高橋 義希

14 藤田 直之

10 金 民友

MF

24 関根 貴大

8 柏木 陽介

22 阿部 勇樹

3 宇賀神 友弥

20 李 忠成

19 武藤 雄樹

22 池田 圭

11 豊田 陽平

FW

30 興梠 慎三

1 赤星 拓

4 小林 久晃

5 キム ミンヒョク

16 崔 誠根

9 白 星東

24 鎌田 大地

25 早坂 良太

SUB

15 大谷 幸輝

17 永田 充

16 青木 拓矢

33 橋本 和

7 梅崎 司

21 ズラタン

31 高木 俊幸

スタッツ

3

シュート

14

11

GK

5

2

CK

3

12

直接FK

11

3

間接FK

7

3

オフサイド

7

0

PK

0

試合後コメント

ミハイロ ペトロヴィッチ監督
「前半は非常に出来の悪い我々の戦い方でした。3年半、浦和レッズを率いていますが、自分のチームではないような印象でした。相手の戦い方に合わせる形で我々も長いボールを蹴ってしまい、相手も長いボールを蹴る。バレーボールの試合を見ているようでした。もしそういう戦い方をするのであれば、2人少ない相手であっても人数の違いが違いとして表れないと思います。前半の戦い方には、選手たちに本当に腹が立ちました。
後半はしっかりとそれぞれの選手がポジションを取り、ボールを早く動かしながら中央、外とうまく攻撃を作って数的優位を生かして戦うことができました。それが我々の本来の戦い方です。鳥栖は一人少なかったので、我々のパスを中心としたサッカーをされて、防ぐことが難しかったと思います。我々は常にそうしたサッカーをトレーニングしているわけですから、ピッチでは日ごろから行っているものを表現しなければなりません。

前節、私自身試合後の記者会見で触れましたが、浦和の強さというのはチームとしてコレクティブに戦うことです。個人が好き勝手なことを始めてしまったら我々の強さは出ません。
それぞれの選手がそれぞれのポジションで与えられた役割をこなすことが大切で、好き勝手なことを選手が始めてしまったら、強いチームとは言えないでしょう。おそらく2011年のときのようなチームになってしまうでしょう。そのことを常に頭に入れて戦うことが必要です。我々は13試合負けなしでここまできていますが、今日のゲームはよい教訓になります。それを意識できれば我々は勝ち続けることができるでしょうし、それができなければすぐに下に落ちていってしまうでしょう。今日のゲームは我々に適切なタイミングで与えられた課題があったと思います。
6-1で勝利しましたが、手放しで喜べるような試合ではなかったですし、出来の悪かった前半に非常に憤慨しています。
昨シーズン、浦和のホームで鳥栖と戦い、0-1で負けましたが、そのときには負けましたが、内容は非常に良かったと話しました。今日は勝利をしましたが、良い戦いではなかったと考えています。0-1で負けた試合は決定機がたくさんあり、鳥栖がワンチャンスを決めた試合です。私自身は、勝って良しとしないということがサッカーを見る上では大切だと思います」

相手チームコメント

森下 仁志監督
「今日も天候の悪い中、たくさんのサポーターの方に来ていただき、本当に感謝しています。ゲームに関しては、11人で最後まで戦わせてやりたかったと思います。6失点に関しては、僕自身の責任だと思いますし、選手は最後まで本当によく戦ってくれたと思います」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ