MENU

試合速報

2015明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第6節
2015年04月18日(土)17:04 KICK OFF

会場
埼玉スタジアム
観衆
33,793人
天候
主審
松尾 一

更新

浦和レッズ

浦和レッズ

2 - 1

2

前半

1

0

後半

0

横浜F・マリノス

横浜F・マリノス

42分 武藤 雄樹

45+1分 梅崎 司

GOAL

34分 伊藤 翔

選手交代

77分 梅崎 司→高木 俊幸 67分 ファビオ→富澤 清太郎
82分 ズラタン→李 忠成 76分 小林 祐三→兵藤 慎剛
87分 関根 貴大→加賀 健一 85分 栗原 勇蔵→矢島 卓郎

警告

74分 森脇 良太 36分 ファビオ
41分 小林 祐三

退場

選手

1 西川 周作

GK

1 榎本 哲也

46 森脇 良太

4 那須 大亮

5 槙野 智章

DF

13 小林 祐三

4 栗原 勇蔵

22 中澤 佑二

23 下平 匠

24 関根 貴大

8 柏木 陽介

22 阿部 勇樹

3 宇賀神 友弥

7 梅崎 司

19 武藤 雄樹

MF

5 ファビオ

6 三門 雄大

28 喜田 拓也

11 齋藤 学

21 ズラタン

FW

39 アデミウソン

16 伊藤 翔

15 大谷 幸輝

2 加賀 健一

17 永田 充

16 青木 拓矢

33 橋本 和

31 高木 俊幸

20 李 忠成

SUB

21 飯倉 大樹

15 比嘉 祐介

27 富澤 清太郎

8 中町 公祐

25 藤本 淳吾

7 兵藤 慎剛

9 矢島 卓郎

スタッツ

12

シュート

7

6

GK

12

2

CK

4

15

直接FK

14

2

間接FK

4

2

オフサイド

4

0

PK

0

試合後コメント

ミハイロ ペトロヴィッチ監督
「まずコメントしたいのは、今日は両チームがすばらしい試合をしたということです。球際で強く戦い、早いテンポで試合をしました。前半、2、3回危険なボールの失い方をして、カウンターを受けてしまいました。1回目は(西川)周作が止めてくれましたが、2回目の決定機では決められてしまいました。以前であればリードされる展開になると、全体が前掛かりになり、さらにカウンターを受けていました。最近では、リードされる展開でも試合をコントロールしながら、自分たちのサッカー、攻撃ができました。そういったプレーが前半のうちに逆転できたことにつながったと思います。

2-1でリードして後半に入る際に伝えたことは、相手がリスクを負って前からプレッシャーに来るから、速攻を狙おう。背後のスペースを狙って、2-1を守るのではなく追加点を狙おうということでした。選手たちはそれを守ってくれたと思います。そういう中で、カウンターで非常に良いチャンスは作れていましたが、残念ながら最後のラストパス、シュートの精度が足りずに3点目は奪えませんでした。

最後の10分ほどはマリノスが長いボールを狙ってきましたが、我々がしっかりと跳ね返すことができ、最終的には2-1で勝利することができました。選手は今日も勝利への強い気持ちを持って戦ってくれたと思いますし、運動量、球際、チームの規律も良かったと思います。唯一不満なのは、最後のところの精度です。ラストパス、シュートはもっと精度を上げられるはずです。我々は攻撃的なチームですし、日ごろからその部分は求めています。選手たちとトレーニングを通して話をしながら、改善していきたいと思います」

相手チームコメント

エリク モンバエルツ監督
「今日はスタジアムに見に来た観客の方にとっては、非常に見ごたえのある面白いゲームだったと思います。前半、我々の守備が機能して、そこからうまく攻撃につなげてチャンスを作り、得点ができました。ただ、得点後に10分ほど我々が集中を少し緩めてしまって、同点と逆転を許す展開になってしまいました。後半は浦和がリードしていましたので、彼らがコントロールして、守備を後ろに敷かれてしまいました。その中でも何回かチャンスはあったのですが、得点できませんでした」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ